BtoB企業がコンテンツマーケティングを実践するときの成功法則3点

【2017年1月15日公開】
こんにちは。たろすけです。仕事柄、BtoBマーケティングやコンテンツマーケティングの知見がたまってきたので、ちょっと整理がてらいくつかポイントをまとめてみました。

大きくは3点。
1. BtoBのコンテンツマーケティングとBtoCのコンテンツマーケティングの決定的な違い
2. BtoB企業がコンテンツマーケティング(狭義ではオウンドメディアを持つこと)の特大メリット
3. BtoB企業がSEOを考える時に注意すべきこと
この3点に関して書いていきます。

続きを読む BtoB企業がコンテンツマーケティングを実践するときの成功法則3点


毎年恒例「棺桶リスト」2017年の目標100個!

【2016年12月31日公開】

ただいま、2016年12月31日 もうすぐ16時というところ。
子供たちが今日の夜更かしに備えてお昼寝しているので、今年最後のエントリーを更新します。

さて、この「たろすけの寝言」では毎年年初にその年の目標(厳密にはその年だけの目標にはなってないけど)を
100個書くのが恒例。
ぼく個人の目標に過ぎないのに、なぜか毎年結構読んでもらえてるみたいで感謝です。
この記事を書き始めたきっかけになったのはこの映画を観たから。

二人の爺さんが死ぬ前にやりたいことをやりまくるという、痛快な映画。
これを見て、よしこれだ!って思ったのでした。
続きを読む 毎年恒例「棺桶リスト」2017年の目標100個!


セールスライティングとは?って思ったらまずはこの本(3冊+1冊)だけは必ず読んでください。

【更新:2016年12月18日】

こんにちは。たろすけです。

あなたの職種が営業、もしくはマーケティング関連職ならば、
文章を使って相手に魅力を伝えるということは日常茶飯事でしょう。

もし、「俺は足で稼ぐ営業スタイルだ!」という方がいれば、
スルーしていただいても別に構いませんが、
セールスライティングを知っている営業と
知らない営業では効率と効果に雲泥の差が出るでしょう。

セールスライティングという、ものすごく一般的なのに、
体系的に学ぶ機会のないこのスキル。
身に付けたもん勝ちです。
どんな環境になっても必ず役に立つ、今後の必須スキルです!
続きを読む セールスライティングとは?って思ったらまずはこの本(3冊+1冊)だけは必ず読んでください。


自分はたったこれだけで変われた。自身を成長させるために必要な3つのこと

jump_grow
一人の人間(男子)として、もっともっと成長していきたい。

ビジネスマンとして成長にドライブかけたい。

出来ないことが出来るようになりたい。

 

いわゆる、成長意欲がある人は誰しもこのようなことを思っているんだろう。

この考えはとても健全なものだと思う。

 

では、自身の成長に必要なことって何だろう?

私見ではあるが、思っていることをここに記してみる。

成長に必要な要素は大きく3つ。

続きを読む 自分はたったこれだけで変われた。自身を成長させるために必要な3つのこと


世界に一つだけの花

僕は別にスマオタでもジャニオタでもない。
でも、SMAPという存在はどこか特別というか、
「高校の時にすごく仲良かった奴」みたいな感じで、
普段は意識して連絡したり(テレビを見たり)するわけではないけど、
いつでも繋がれる存在。そんな感じだった。

そんなSMAPがやはり、というか、信じられないけれど
解散するらしい。
誰が悪いとか、誰と誰が仲悪くなったとか、、
そういうことではなくて、
ただただ、ショックだった。
いつまでも身近にいてくれる、アイドル、否、
スターだと思っていたから。

昔、カラオケに行ったら、この曲をよく歌っていた。
皆で盛り上がれるからというのも理由の一つだけど、
僕はこの曲が大好きだった。

改めてこの曲の歌詞を見てみると、
まるでSMAPがSMAP自身のことを歌っているようにも見えるし、
ファンから見たSMAP像のようにも解釈できる。

いずれにしても、SMAPを代表する名曲。

解散は2016年12月31日。
なぜこんなにも猶予を持たせたのかわからないけれど、
いつものスーパースターのように、
最期は僕らを驚かせ、感動させてほしい。

記憶だけを頼りに歌詞を認めました。
僕が歌詞まで覚えている数少ない曲の一つ(記憶ベースなので、あっているかはわかりません)
改めてこの曲の意味を僕らも彼らも考えてみてもいいのではないでしょうか。

花屋の店先に並んだ
いろんな花を見ていた
人それぞれ好みはあるけど
どれもみんな綺麗だね

この中で誰が一番だなんて
争うこともしないで
バケツの中誇らしげに
シャンと胸を張っている

それなのに僕ら人間は
どうしてこうも比べたがる
一人ひとり違うのにその中で
一番になりたがる

そうさ僕らは

世界に一つだけの花
一人ひとり違う種をもつ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

困ったように笑いながら
ずっと迷ってる人がいる
頑張って咲いた花はどれも
綺麗だから仕方ないね

やっと店から出てきた
その人が抱えていた
色とりどりの花束と
嬉しそうな横顔

名前も知らなかったけれど
あの日僕に笑顔をくれた
誰も気づかなかった場所で
咲いてた花のように

そうさ僕らも

世界に一つだけの花
一人ひとり違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから
ナンバーワンにならなくてもいい
もともと特別なオンリーワン