インタレストグラフが導く未来~佐々木俊尚さんメルマガより~





 

今週の佐々木俊尚のネット未来地図レポート

佐々木俊尚さんの有料メルマガ。
毎週楽しく読んでいます。

今週のテーマは
「2022年のメディアとはどのようなものか」(中編)
なんですが、
なんか妙にグッとくる内容だったので引用させていただきます。*1

今回の内容は、
ソーシャルグラフとは別の、インタレストグラフに関しての考え方。

グッと来た箇所をとりあえず引用しまくってみる。

インタレストグラフは、リアルの人間関係のソーシャルグラフと比べると、
非常に困難な問題を孕んでいます。それは何でしょうか。
最も大きな問題は、ユーザーが「自分が本当に好きなもの」を明示的に語ることができないということです。

ここ、頭っから激しく同意できる箇所。
ソーシャルグラフはある種、主体的に自分とかかわりが持てそうな人を
選べるのに対し、インタレストグラフは主体的な様で主体的でないということ。
自分が好きなモノ・自分の夢・自分の好み など、
自分に関することってなかなか把握しているようで把握していない。
思い返してみれば就活していたことろの「自己分析」なんて
本当に難しかった。
なんとなくわかっていても、明示することが難しい。
数が多すぎたり、関連性が見出せなかったり、体系的に語るのが難しかったのを思い出す。
これは今でもそうで、自分のキャリアや、もっと身近に好きな食べ物とかも、
「こう聞かれたらこう返す」的なものはあっても、
様々な要因により「ホントか?」になる。

従来、マーケティングの分野では消費者の好みをするために、
フォーカスグループインタビューやアンケート調査などのいわゆる
「聞き取り」的な調査を好んで行ってきました。
つまりは消費者に自分で語ってもらうというアプローチです。
こうした聞き取りに対しては、消費者は合理的・論理的に答えようとします。
しかし実際の消費者の行動は、そんなに合理的・論理的でもない。

じゃあ、世の中の人は何が好きなんだろう?を調べたりするのに
グルインやアンケートなんてのはよくある手法だけれども、
個人的にはそこから導き出される回答には違和感を感じずにはいれらない。
主体者や質問内容から、どうしても「あ、あの企業のグルインだな?」みたいな憶測を働かせてみたり、
そもそも設問自体が回答を誘導しているようなケースも多々ある。
ものすごい傾斜のバイアスがかかりまくっていることが多い。
また、同じような境遇、環境の人が集まる場合が多いから、
どうしてもかっこよく(賢く?)見せたいみたいな考えがはたらき、
決して日常の考えどおりにはならない。
「アンケートをしてみた結果、こんな結果が出ました!」っていう
PRありきで進められる。
こんなものに意味はなし。

ビッグデータを活用したライフログマーケティングの可能性が浮上してきているわけです。
ライフログというのは、ユーザーが気づかないうちに自分の行動を記録してしまう非常に暗黙的なデータです。
(中略)
この「関心事の発見」は、下記のような要素が考えられます。

(1)ソーシャルメディアを経由した他者からの影響。
(2)マスメディアからの影響。
(3)自分の属性(年齢、性別、年収、住居地)による傾向抽出。
(4)自分のライフログ(行動履歴)からの傾向抽出。

 

さらに、

(1)FacebookやTwitterなどソーシャルグラフを基盤にしたソーシャルメディアで行われるキュレーション活動。
(2)インタレストグラフを基盤にしたクチコミ系のメディアで行われるキュレーション活動。
(3)社会にとって重要な情報を多くの人に一斉送信するマスメディア。
(4)ウェブサイトに蓄積されたライフログを解析して行う情報のレコメンデーション。
(5)ユーザー一人一人が持っている基本4情報(名前、性別、生年月日、住居地)を含むプロフィール情報

という個所に関して。
僕はマーケティングのプロでは別にないし、
データマイニングが得意なわけでもないけれど、
この箇所にはなんかすごい大きな可能性と違和感を感じた。
本人ですら気付いていない嗜好や関心事が、
実はソーシャル/マスメディアから大きな影響を受けていて、
かつ、自分の産まれ持っての基本属性・行動履歴から導き出されている。
視点を変えれば、
キュレーション活動・口コミ・レコメンデーション・プロフィールが大きくかかわっている。

まず思ったことは、
昔から概念としてはあったけど、いまいちパッとしていない気がする
ダイレクトマーケティングやCRMの考え方と、
買い物行動で重要といわれているレコメン機能、
にインタレストグラフが加わったら、
それこそ最強のマーケティング活動が完成するんじゃないかと妄想したりしている。

マスメディアで幅広く気づきや認知を獲得し、
ソーシャルメディアで様々なビオトープに流れ込み、
同時にユーザーの行動履歴を掴んで、
自動的に様々なタッチポイントからレコメンされる。

こんなようなことは
きっとamazonやgoogleあたりが
一生懸命研究しているんだろうし、
近々、そんなアルゴリズムは体系化されていくんだろう。

ただ、ここに感じる違和感は、
そこまでシステマチックに個人の
行動や嗜好がレコメンされ続けることで、
個人が何かを判断し、好きなところに行き、好きなものを食べることが
不自由になるんじゃないかと、大きなお世話感を感じてしまった。

未来を想像するとき、
そこには有機的に絡み合うシステムやサービスがあり、
どんどん便利になっていく世の中をイメージする。
しかし、それが豊かな未来なのかと自問すると、
ちょっと違う気もしている。
こんなご時世で、豊かな未来を想像すること自体が
なんか困難な感じもしてしまうが、
原点回帰というか、
様々なシステムで便利な社会を支えながらも、
より人間臭くて意志のある生活に豊かさを感じずにはいられない。

便利になる分にはどんどん便利になればいい。
でも、自分の考えは自分でしっかりと持ち、
それをもとにした行動で自分の道を歩いていく。
そんな当たり前の未来になると良いなと。
誕生日の今日、書きながら思った次第でした。

*1:メールマガジンの内容は、全文引用でなければ、内容の紹介や一部引用はどんどんやっていただいて問題ございません。とあるのでお言葉に甘えて。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です