今更ながら、佐々木俊尚さん「電子書籍の衝撃」レビュー。



電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
佐々木 俊尚
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 171,782

この本は2年前(2010年)に読んだ本。
いま、こうしてブログに電子書籍ネタを書いているのも、
一ビジネスマンとして成し遂げたい夢の一つに電子書籍関連が入っているのも、
もしかしたSNSに興味を持ったのも、
この一冊がきっかけだったかもしれない。

そんな、自分にとって大きな影響を与えてくれた本を
あえてこのタイミングで再読することにした。

2年前とは電子書籍にかかわる
市場も、環境も、印象もだいぶ変わってきている。

でも、この本では大きく、
・これまでの出版業界の慣例(過去)
・電子書籍がもたらす新しい世界(未来)
の二つが書かれているので、
その中間期にある(現在)に読んでも
大きな違和感は感じなかった。

その中でとくに印象深かった部分を個別に書いておく。

◆プラットフォームとして市場を支配するために必要なこと
 ・多様なコンテンツが安く豊富にそろっていること
 ・使い勝手が良いこと
 ・アンビエントであること
とある。
この考え方は同意できるし、そうあるべきだと思う。
ただ、今思うことは、もう一つあって、
 ・プラットフォーム内外のサービス提供プレイヤーの台頭
といったところだろうか。
これはつまり、
いくらプラットフォームが強力で確固たるものであったとしても、
ユーザーがそのプラットフォームを利用するためには、
別のプレイヤーが必要なんじゃないかと思っている。
具体的には、ネットワークに繋がった読書体験をさらに便利にし続けるサービス。
既存プレイヤーだと、ブクレコ ブクログ のような
レビュー・レコメン・シェア機能を提供するサービスや、
続々登場しているリーダー(汎用機含む)などが当てはまる。
つまりは、別の章で佐々木さんが書いているような
プラットフォームから派生するエコシステムの重要性が一層増している環境になってきている。

◆今も引き継がれる流通プラットフォームの問題点
従来の書籍流通の問題点を指摘している章だが、
単に悪いところだけではなく、そのプラットフォームがあることによってもたらせれたメリットに
関しても引用されている。
 ・大量生産によるコストダウン
 ・あらゆる人にとって書店の敷居が低くなった
 ・一般大衆においても書籍によって知とつながることができた
という3点。
従来の出版業界に対しては、ネガティブな印象が強かったが、
この一節で、多少はその利便性も理解できた。
んが、しかし、上記のメリット3つは、
電子書籍プラットフォームが完成することですべて賄える。
ってことに気づいてしまったので、
やっぱり既存のステレオタイプな出版業界には疑問を持たざるを得ない。
近々どこかで誰かがエイヤッな行動を起こさなければ、
この問題はなかなか解決しないだろう。

◆書店の中にコンテキストを作った~~~~
書店の棚を文脈(コンテキスト)で括った書店の話。
実際には、運用が困難でなかなか普及しないという。
まぁ、扱う本の内容を一応は把握しておかないとできない業態ではあるともう。
んが、しかし、この問題はネットワークに繋がった電子書籍プラットフォームであれば
工夫次第で容易にできる気がした。
今の電子書籍ストに関しても、基本的には売れ筋商品や新刊が
サイトのトップに露出されている。
これでは電子書籍のメリットは半減してしまう。
ただ、ソーシャルな環境下の電子書籍ストアができたらどうだろう?
ユーザーがレビューを書き、フォローし、シェアされ、共感され、繋がっていくことで
自分独自のコンテキスト本棚が勝手に出来上がっていくイメージ。
ストアにアクセスする度に異なる書籍が表示される。
こんなストができたら面白い。
また、いわゆるレコメン機能に関しても、
単に「この本を買った人は(別の)こんな本も買ってますよ」的なレコメンだったり、
上っ面だけで似たような本の紹介を機械的にされても全く買う気は起きない。
でも、ネットワークに繋がった電子書籍のレコメンでは、、、
「いま、(趣味嗜好を切り口に)何処何処の誰々は○○という本を読んでますよと」
教えてくれる。(ネットワークのリアルタイム性)
その本を購入し、読みながらチャット的なコミュニケーションんが図れる。
twitterのフォロワーのような関係性を築き、
「次は何読みます?」とか「これの前は何読んでました?」とか、
「あなたの友達は何読んでます?」とかっていうコミュニケーションができる。
これが積み重なることで、機械的に勧められるレコメンではなくて、
自ら情報を取りに行く新レコメンスタイルが生まれるんじゃないだろうか?

自分好みの情報を自分が作り上げた圏域で循環させることで、
売れ筋や新刊のようなパッケージされた本だけではなく、
フラットな商品群を発生させることができ、
結果として書き手にとっても読み手にとっても
心地よい読書空間を作ることができる。

と、長々書いてはみたが、
ほかにも共感できる部分や、納得できる部分がたくさんあった。
この本、2年後くらいにもう一度読んでみても面白いかもしれない。
改めて電子書籍の未来に思いを馳せた読書時間であった。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です