佐々木俊尚さんも触れている、Chikirinさんのブログでキャリアを再考してみる。





 

f:id:hkei16:20120415230731j:image

キャリアのVSOP – Chikirinの日記
ちきりんさんの日記、いつも腹に落ちる内容が多く、
更新されるのを毎日楽しみにしている。

今回の更新では、
年代ごとにどのようなことを意識して
キャリアを形成するかということを
主題に書かれている。

ブランデーなどでおなじみののVSOPという記号を用いて、
各年代毎に上手いこと必要な要素を置き換えている。

V:20代はバラエティ
S:30代はスペシャリティ
O:40代はオリジナリティ
P:50代はパーソナリティ

あいうえお作文みたいなものではあるが、
そこに無理やり感は全くなくて、
非常にわかりやすい。

ここに自分のこれまでを当てはめてみると、
うれしいことに結構これまで意識してきたことと重なった。

20代(社会人最初の数年)は、
とにかくいろいろな仕事をさせてほしいと
会社の上司に言っていた。
(所属する部署内での話なので、前提として世界は狭いが)
ここでは仕事の幅を広げることに注力し、
様々な経験を積むことで自分が注力するべき可能性を
模索し、広げることに全力を注いでいた。
裏を返せば、あまり一つの分野での専門性を高めることは
念頭に置いていなかったため、悪く言えば「器用貧乏」なキャリアだったとも思う。

そして30になる前に、今後この分野で深さを伸ばしていきたいという目標を見つけ、
今はその目標を達成できるように、様々な手段でアプローチをしている。

40代・50代のことはまだわからないけれど、
でも、「俺は仕事でこれをやったった!」っていう
痕跡は一つくらいは残したいよね。

定年で(かどうかはわからないけど)最終出社日に
どのような顔でその会社を後にするか?
達成感を持って、あらたな人生の出発だと、意気揚々と会社を後にするのか、
もしくは、
やっと終わった。。。っていう最後になるのか。

最後の日にどんな顔をしているかは、
このVSOPをどれだけ意識し実践できるかにもかかっている。

所属する企業や、各々の目標に関わらず、
今後仕事を進めていくうえで大事にしたい、
そんなエントリーでした。

このエントリー、
佐々木俊尚さんの毎朝のキュレーションでも触れらていました。
僕が勝手に憧れている佐々木さん、Chikirinさんが
仰っているなら間違いないと、自信を持って今後の
S:30代はスペシャリティ
O:40代はオリジナリティ
P:50代はパーソナリティ
を築いていこう。

Chikirinさんといえば、こちら。

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!
ちきりん
大和書房
売り上げランキング: 733

佐々木俊尚さんといえば、こちら。

「当事者」の時代 (光文社新書)
佐々木 俊尚
光文社 (2012-03-16)
売り上げランキング: 2825


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です