日本で電子書籍を根付かせたい!!





 

アメリカは本格的に電書文化が根付いてきていると思う。

↓こんな記事も出ている。
>http://hon.jp/news/modules/rsnavi/showarticle.php?id=3028

>米USA Today紙の週間ベストセラー作品リスト、50作品中42作品において電子書籍版が紙版の販売部数を上回る
>【編集部記事】米paidContent.orgの記事によると、クリスマス直後の米USA Today紙の週間ベストセラー作品リストの大半において、
>電子書籍の販売部数が紙版を上回っていることが確認されたとのこと。
> 記事によると、クリスマス直後の12月26日~1月1日の集計では、トップ50作品のうち42作品について電子書籍版が紙書籍版を販売部数>で上回っていることが判明したとこと。その翌週の1月2日~1月8日になるとその数は32作品に減ったが、昨年同時期に発生したクリスマ>ス電子書籍ブーム時のランキングと比較しても、米国内において電子書籍の普及度がかなり進んでいることがわかった。【hon.jp】

もちろん、クリスマス時期ということもあり、実際よりは多少盛られた数字になっているとは思うけど。

一方、日本の電書はなぜにこんなに盛り上がっていないのか?

この議論に関しては、さまざまなジャーナリストの方々や先生方がごもっともな記事を
たくさん書いてくださっているので、割愛。

個人的に思うことを書いてみる。

・日本語特有の縦書き表記や、ルビ、禁則などのフォーマット問題

当然、一員としてある。テクニカルな部分で乗り越えなくてはならない問題。
ただ、これに関しては、「全く無理っ」ということではなく、
従来の本(冊子)に似せようとした場合に問題になる話。
電書が普及しない理由の一番手にはならないと思う。

・日本特有の出版文化

これもある、再販制だの、著作(隣接)権だの、取次制だの。
でも、これも本(冊子)ありきで考えずに、
新しい文化を生み出そうとさまざまなステークホルダーが足並みを揃えれば、
いずれは突破できるんじゃないかと思っているし、そうなって欲しい。(切実に)

・コンテンツの数/種類

これも大きな問題だ。
買えない、探し辛い、そもそもない とか。
ただ、数が多けりゃ良いってものでもないし、
どうしても読みたけりゃ、本(冊子)で読めばいい。
そもそもの大きな勘違いとして、
本(冊子)か電書かの二者択一である必要は全くないということ。
本(冊子)のほうがいいコンテンツもあれば、
電書のほうが面白くなるコンテンツもある。

・既成概念に縛られてない?

上にも書いたけど、そもそも二者択一である必要はないのに、
「やっぱり本は紙でなきゃ」とか、「電子書籍なんて邪道だ」という声がよく聞こえる。
でもさ、、
そういう人の中で、同じコンテンツを本(冊子)と電書で読み比べたうえで、
紙がいいって言っている人はどれくらいいるんだろう?
すごーく保守的に、新しいものをなかなか受け入れずに、
なんとなく言っている人のほうが多いんじゃないだろうか?

また、電書は必ずしも「持ち運びしやすい本(的なもの)」である必要もなくて、
そもそも同じ役割ではないと思うんだよね。
じっくり読んで取っておきたいコンテンツは本(冊子)で購入すればいいし、
さーっと読んで頭に叩き込んでおきたいコンテンツは電書 で読むとか、
もしくは前にも書いたけど、
電書の一番の武器を「ネットワークにつながっていること」と規定すれば、
その先にあるインターネットサービスとの連携は本(冊子)では
絶対にできないことが電書ではできると思うんだ。

日本で電書が根付いていない理由は、
ほかにもいろいろあるとは思う。
でも、せっかく離陸しそうな新しい市場や
新しい文化?習慣? は
古くて固い考え方でつぶしてはいけない。

だからさ、
日本でもなんつーか、力技で電書を離陸させる必要があると思う。
きっと海外でも、amazonやkobo とかが、
どっかで「エイヤッ」って力技使ったんだと思うんだよね。
(例の、端末ただで配ったプロモーションもしかり)

日本でも、そろそろそういうことが必要なタイミングになっているんだと思う。

自分一人の思いや志だけでは実現できない夢だから、
日本版「エイヤッ」を心待ちにしよう。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です