~未来を創る力【2つのソウゾウリョク】




一昔前は夢のような”未来”だったことが、
今では”現実”になっている。
そんなようなことがいくつかある。

既に実現している “未来” の話 -クロカワメモ- | mochrom blog

このブログを読んだとき、ふと新卒(シューカツ)のときの
自己PRを思い出した。

確か、こんなことを書いていたと思う。

「私は、2つのソウゾウリョクを持っています。

1つは”想像力” もう1つは”創造力”。

この2つのソウゾウリョクで~~~~~」みたいな。

当時、このソウゾウリョクがあったのか否かは別にして、我ながら面白いことを言っているなと今さらながら思った。

”想像力(イマジネーション)”は、新しいアイデアやビジネス、サービスをこれから産み出そうとするときに必ず必要な能力で、
これがなければ何も産まれない。大げさに言えば、

夢を見る力
かもしれない。

”創造力(クリエイティビティー)”は、企画やアイデアを実行する際のフレーム(骨子)となり、

いろんなものを組み合わせたり、置き換えてみたり、ひっくり返してみたりとか、

実行力を伴うことで具現化する。

大げさに言えば、夢を実現する力
かもしれない。

このどちらが欠けていても新しい何かは産み出せないし、今世の中にフツーにあることも、イノベーティブなことも

きっと誰かのソウゾウリョクから産み出されたものなんだろう。

このソウゾウリョクがずば抜けている人は
スティーブ・ジョブズになったり、

藤子不二雄になったり、

ガウディになったりする。

でも、これらは決して天性のものなんかではなく、

訓練や経験で少しずつでも身に着けられる資質だと思っている。

いま自分がしている仕事や習慣の中でも

ソウゾウリョクは磨き続けられる。

それをちゃんと意識するかどうかだ。

これからもソウゾウリョクが必要な場面は多々あることと思う。

その時は自分のソウゾウリョクに仲間のソウゾウリョクを足してみたり、

もっとタクティカルな”技術”を絡めてみたり、

ガチャガチャ試行錯誤しながら新しい物事を産み出していきたいな。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です