英語のお勉強=TED×電子書籍




f:id:hkei16:20120223225558j:image

いま、個人的に興味があること。

  • TED
  • 電子書籍

この二つだろうか。
もちろん興味関心は多々あるが、
ブログを書く都合上、この二つに絞らせていただく。

興味があるとはいえ、これら異なる分野の情報を一元的に
収集する方法はなかなか見つからない。

RSSやtwitterなどで日々情報を追っかけながら
見出しで自分が興味を持ちそうな記事を
ピックアップして読んでいる。

情報収集だけであれば、ある意味これで事足りているのだが、
実際に興味があることをジブンゴトしようとすると、
どうしてもこれらを組み合わせたくなってくる。

まずTEDを見始めたきっかけは、
英語の勉強
世界最先端のアイデアを知りたい
という二つがある。
これは「コンテンツ」として存在し、
自分の好奇心や探究心から来るもの。
最近では英語教材として扱われることも多いらしく、
ネットで「TED 英語」で検索すると
数多くの英語勉強法としてのTEDの活用法が出ている。

しかし、その大半は
TEDの動画
英語で文字起こししたもの
日本語訳
という構成になっていて、
英語初心者が勉強するにはなかなか難しい作りになっていることが多い。

個人的に英語の勉強に必要な要素は
・単語検索(英→日)
・文法の復習(学生時代に勉強したことを思い出す!)
・英語の音に慣れる
・対話の一環として発声する
の4つだと思っている。*1

WEBサイト上でこれら4つを同時に表現するインターフェースは
なかなか難しく、いろんなアイデアが必要になるだろう。

では、このTEDと電子書籍を組み合わせてみたらどうなるだろう?
ここでいう電子書籍とは、狭義の電子書籍(本を電子化したもの)ではなく、
もう少し広義のもの(リッチコンテンツとか、ガジェット上のUI)と定義したい。

まず、TEDの最大の特長は、それが動画であり、
プレゼンテイターがしかるべき会場で自身の言葉で話しているということ。
この特徴を活かすには、最低限、様々なUI向けにエンコードされた動画形式になっていること、
そして、動画再生とテキストが同じテーブルにあり、
また、そのテキストをタッチすると、別ウィンドウではなく、同じテーブル内に
(テキストを目で追うのに邪魔にならない場所に)*2辞書機能が表示される
というのは最低限欲しいと思う。

さらに言えば、英語教材としての深度を増すために、
そのコンテンツの最後には、コンテンツ内で出てきた
文法や特別な言い回しの解説。(小テストみたいのがあってもいいかも)

音声認識機能での途中検索や発音テストとか、
グループチャットみたいな機能があったらなおさらか?

いろいろ夢はふくらむ。

で、たどり着いた結論は、
TEDで英語を勉強するアプリ 
なんだな。これは。

もちろん、世界最高峰のプレゼンを楽しむ役割があってもいいが、
上述の辞書機能や文法解説コンテンツがついた時点で
もう勉強用アプリになる。

こんなアプリ、ありませんか?
もしくは、どなたか作ってくれませんか…?

英語の勉強を始めようと思ったら読む本。
アプリの話ではないけど、既存の英語勉強のためのツールや
心構えを教えてくれる。(読むだけでhな英語はできるようになりません)

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
Hiroyuki Hal Shibata
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 75977

*1:僕自身勉強中の身であるが故、単に自分に足りない部分を列挙したにすぎない

*2:ここ重要!


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です