電子書籍端末ショーケースから見えるこの10年



電子書籍端末を古いものから最新のものまで
紹介しまくっているサイトを発見した。
電子書籍端末ショーケース:Kindle(1st generation)――Amazon.com – 電子書籍情報が満載! eBook USER
2004年のΣブックから、Kindle FIREまで様々な端末が登場している。

これをザーッとみていて
思ったこと。

細かな違いはあれど、
現状で電子書籍端末最強(?)のKindleも
2004年に出ているLibrieも実は大差ないんじゃないか?と思った次第。

もちろん、実勢価格や重量・バッテリーの持ちなど、
細かなスペックにおいて、10年近く前に発売されていた端末と
2012年の端末とで経時的な差異は当然ある。
ただ、単に電子書籍を読むという行為のみに
焦点を当てれば、
おそらく電子ペーパーでの読みやすさや、
プロダクトのハード面での機能など
充分に読みうるものなんじゃないかと推測。*1

じゃ、なにが違うのか?
ソフト面でのユーザビリティ。
これに尽きるんじゃないだろうか。

amazonは自社の物流ネットワークだけではなく、
本を長年扱ってきたことにより蓄積された
出版側とのパイプや、
amazon自体のブランド力ですでにアメリカの電子書籍界隈では
王様になっている。
その王様が、もうしばらくすると日本に来るってのは、
やっぱり大ニュースだよな。

一方、日本勢の電子書籍界隈では、
相変わらずだ。
10年前も今も根本的には状況は変わっていなくて、
この壮大な電子書籍物語の登場人物たちが
相変わらず自分に有利な(というか、自分が損をしない)ビジネスモデルに
固執して、対して前に進んでいない感じはある。
単に登場人物が増えただけなのかもしれない。

いい加減気付いてほしい。
10年前も今も、日本には電子書籍がビジネスとして成り立つだけの市場もなければ、ニーズもない。
残念ながら、今日時点では事実じゃないか?
でも、「じゃあ、止めちゃえ」なんて全く思っていなくて、
電子書籍の明るいに未来に夢を見ているロマンチスト的には、
まずはビジネスにするための市場を創り出すこと、
そのために、電子書籍がなぜ皆に受け入れられるのか?という理由のデザインが必要なんじゃないかと思っている。

「電子書籍は○○が良いんです」って伝えるんじゃなく、
「こういう夢を一緒に見ませんか?そのために必要な××を作りました。ね、良いでしょ」っていう
メッセージのデザインが必要なんだろうな。

すてきな未来を多くの人が一緒に見られますように。

*1:実物は触ったことすらありません。私的ブログにつき、勘弁っ


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です