電書に欲しい機能 その2




こないだのエントリーで、書いた「電書に欲しい機能」

考えてたら楽しくなって、その2を書くことにした。

買って読んでみた本が、思いのほか楽しかった時、
もう一度読みたくなるし、
レビューを書きたくなるし、
人に勧めたくなるし、
頭に残しておきたくなる。

でも、たとえば読書に充てる時間は
毎日の通勤や電車移動中の1時間くらいしかなくて、
1冊読み終わるのに1週間かかってしまうとする。

すると、読み終わっても、
最初のほうとか忘れちゃってたりして、レビュー書きづらくなってたり、
かといって、もう一度最初っから読み直すのもなんだか億劫だし、
そのころには別の本買っちゃってたりするし。。。

そんな時、電書だったら、、、(以下妄想)
読み進めていて気に入った部分や重要そうな部分は
指でなぞって線を引いておく。
そのまま最後まで読み進める。

読みあわったたとには、
線を引いた部分がtogetter みたいにまとめられたページが出来上がっている。とか。
よくない?これ。

もう一度読み直したい時も、最初から全部読み直す必要もないし、
レビュー書くときも、まとめページを見ながら書けるし、
名言的な部分はそのままtweetできるし、
自分のコメント足してシェアすればキュレーションサービスにもなるし。

こんなんできないかなーーーーー。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です