TEDオススメ:モチベーションを上げたければ、インセンティブは廃止すべきなんだ。





 

f:id:hkei16:20120329013907j:image

ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」 | Video on TED.com

この人はやっぱりすごかった。
数年前に大きな話題になった本の著者。

モチベーション1.0:生存や安心に基づく動機づけ
モチベーション2.0:アメとムチに駆り立てられる動機づけ
そして、モチベーション3.0の登場。

この説は、日本では根付かないなど、様々な意見もあったが、
個人的にはとても納得・共感できる内容で、
こういう社会を夢見ていた。
当時、この本の内容に激しく共感したものの、
悲しいかな自分にはこの環境を作ることはできないと思っていた。
でも、創造的でモチベーションの高い組織をマネジメントしたいという
目標が今はある。

さて、それはさておき、このプレゼン。
間違いなく科学だわ。ストーリーじゃなくて立証。
実体のない理想論ではなく、きちんとエビデンスを提示しながら進めていく。
これは説得力がある。

簡単にサマると、、

人々により良く働いてもらおうと思ったら、報酬を出せばいい。
インセンティブを与える。という(If-Then式報酬)運営は能率が上がらないだけでなく、
能率を下げる場合さえある。

このやり方で能率が上がるケースは、
単純なルール・明確な解答がある場合のみ。
つまり、報酬は視野を狭めるため、左脳的で単純な作業には向いている。

ところが、右脳型のビジネスでは
金銭的なインセンティブは全体的なパフォーマンスに対し、
むしろマイナスの影響を持ちうる。

ここに科学とビジネスのギャップが存在している。
科学的に立証されている生産的な能率アップの運営が
ビジネスの世界では全く生かされていない。

従来のアメとムチ型報酬(If-Then報酬)は主に「外的な動機づけに基づくアプローチ」であり、
21世紀のビジネスにおいては新しいアプローチが必要なんだ。
それこそが、
「内的な動機づけに基づくアプローチ」。

ビジネスのための新しい運営システムは
-自主性 自分の人生の方向は自分で決めたいという欲求

  • 成長 何か大切なことについて上達したいということ
  • 目的 私たち自身よりも大きな何かのためにやりたいという切望

で成り立つ。

 

ということです。
これって、激しく納得できるんだよな。

ビジネスマンとして、
会社から仕事を与えられる環境とか、
効率が最重要視されて個人の成長は二の次みたいな環境、
そして何より、ミッションが見えない環境
というのは耐えられない。

多少給料が下がってでも、大企業からベンチャーへ転職する心理っていうのは、
まさにこういうことなんだと思う。
だって、男子だもん。

ちょっと昔の記事だけど、こんなん見つけた。

日本に「モチベーション3.0」が根づかない理由 : プレジデント(プレジデント社)

ビジネスマンのモチベーションが3.0ではなく、2.0に回帰しているという指摘。
読んでわからなくはない。
しかし、どうもこの手の定量的な調査には懐疑的にならざるを得なくて、
どこかでバイアスをかけているんじゃないかと勘繰ってしまう。
そして個人的にはこの記事を読んだときに、
「一緒にすんじゃねぇよ」という反発心すら感じた。

ビジネスマンの中にも、成長意欲が高い人もいれば、
成長よりも報酬や福利厚生などにモチベーションを感じる人もいるだろう。
その価値観はどうしようもなく人それぞれ。
ただ、一番モチベーションが下がるのは、
他人の(会社の)価値観を押し付けられる事 ではないだろうか?
その会社の価値観が伝統的なIf-Then式だったら・・・。

そんな最悪な状況を想像して震えるのではなく、
1.0だろうが、2.0だろうが、3.0だろうが、
自分がモチベーションを高く保つことが出来、
最高のパフォーマンスを発揮できるように
内的環境・外的環境を整えることが何よりも大事なんだと感じた。

と、いうわけで久しぶりにピンクさんの本でも読んでみよう。
先日、これを読んだ。

マンガなんだけど、自分のキャリアについて楽しく描かれている。
正直、大した内容ではないけれど、
キャリアのことを別の視点で考えなおしたい時なんかにオススメかもしれない。

そして、最近の代表作はこちらですね。
タイトルだけで、なんか「読まなきゃっ!」って気になってしまいます。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です