TEDオススメ:赤ちゃんの様に英語を学びたい。





 

f:id:hkei16:20090528111815j:image

英語の勉強をしようとTEDをみはじめた。
まぁ、そんなに簡単に英語なんてできるようにはならない。
TEDの弊害がある。
それは、
内容をじっくり知りたいあまり、日本語字幕に集中してしまうこと。
これはなんつーか、仕方ない。
なので、一回目は日本語字幕ありでじっくり見た後、
Dropboxに保存して、スマホで聞き続ける生活をしている。

最近になってようやく耳が英語に慣れ始めてきたのか、
頭の中で日本語に翻訳しなくても英語のままで意味がなんとなく分かるようになってきた。
こうしてだんだん英語できるようになると良いな。と楽観的に思いながら今日もTEDを聞く。

今日のオススメ1本はこちらの動画。

パトリシア・クール 「赤ちゃんは語学の天才」 | Video on TED.com
パトリシア クール 「赤ちゃんは語学の天才」

赤ちゃんがどのようにして言葉を覚えていくのかを脳科学の観点から説明した内容。

衝撃的だったのは、
赤ちゃんは世界市民であり、どんな言語をも聞き分ける
ということ。
赤ちゃんは複数の言語であっても、それを統計学的に分析し、自分に身近な言語を身に付けていくらしい。

このプレゼンの中で、パトリシア クールおばさまは
人間が果たす役割 という壮大な問題にも触れている。

この実験の過程が個人的には一番衝撃的だったかな。
映像や音声のみで赤ちゃんに外国語を聞かせても、その言語は身につかないという事実。

赤ちゃんが言語を統計処理をするためには、本物の人間が必要なんですって。
言い換えれば、
人間がいることで人間は言語を習得し、その人間がまた人間に言語を習得させる。
人間が果たす役割とは、もしかしたら社会性の連鎖を永久に継続させること

なのかもしれない。

と、結論に関してはパトリシアおばさまは言及していなかったが、
個人的に感じないようで結論付けてみた。

さて、ということはですよ、
子供にしてもしまじろうの英語DVDを見させていたり、
大人にしてもTEDをイヤホンで聞いているだけは
学習効果は得られないってこと?
トホホ です。できるようになってきている気がしたのは勘違いだったのか?
はたまた、大人は統計学的に言語習得するわけではないので
パトリシアおばさまの論説は当てはまらないのか?

謎は深まるばかり。
でも、勉強しようって意識があって、実践していれば
おのずと結果はついてくる。そう信じて明日からもTEDを聞き続けよう。

全然カンケーないけど、子育て時期に読んでおきたいオススメマンガ。
きっと笑って育児ができるはず。(フツーにギャグマンガ的にも面白い)
大人買いして一気読みがオススメです。
↓ママはテンパリスト

ママはテンパリスト 3 (愛蔵版コミックス)
東村 アキコ
集英社 (2010-03-19)


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です