TEDオススメ:食べることから始まる死への悪循環。家庭に料理を取り戻せ。





 

f:id:hkei16:20120428222340j:image


http://youtu.be/jIwrV5e6fMY

↑日本語字幕ナシはこちら

ジェイミーオリバー TED prize wish: 子供たちに食の教育を | Video on TED.com
↑日本語字幕はこちら。

ジェイミー・オリバーさん。
イギリス生まれの料理人。
まぁ、日本でいえば川越シェフ的な感じなんだろうか?
こんな本も出している。

ジェイミー・オリヴァーのきれいになろうヘルシーごはん
ジェイミー オリヴァー
アーティストハウスパブリッシャーズ
売り上げランキング: 436031
ジェイミー・オリヴァーの彼と食べようラブラブごはん
ジェイミー オリヴァー
アーティストハウスパブリッシャーズ
売り上げランキング: 78416

なんていう先入観は無にこのTEDでのプレゼンを是非に見てもらいたい。
彼には社会問題に対する危機感と当事者意識があり、
分析力と行動力があり、何よりも、この状況を変えたいという強い信念がある。

アメリカの食文化に関しての強いメッセージを発するだけではなく、
その解決法まで提示している。

アメリカの食文化と聞くと、正直あまりいいイメージは無い。
ファーストフード大国、過剰な食品添加物、
経済競争にさらされた生産者達。

きっと、このイメージは実態とあながち外れてはいないんだと思う。
彼はこの状況に警鐘を鳴らしている。

現代アメリカの”普通の”食事により
子世代の寿命が10年近く縮まっている。

もちろん、大昔からそんな危険な食生活だったわけではない。
いつからか、学校や家庭、企業から、正しい食文化を継承するということがなくなってしまった。
その結果、現代アメリカ人は料理ができないどころか、
野菜をみて、それがなんなのか答えられない。(ナスを見て梨と答える)

それだけではない。
食品メーカー・流通関連企業が効率と利益を追求するあまり、
食品に様々な有害物質を添加し、正しい食品が流通しなくなっている。

など、彼は現状の食文化に対する様々な問題点を提示している。
人の健康や、生死にかかわる重要な問題だらけだ。
しかし、決して悲観的な訳ではない。
なぜなら、解決策が明確だから。

一人一人が今の状況を正しく理解し、
教育の現場(子供のころ)から正しく食の知識を身に付け、
政府や企業が少しずつでも状況を理解すれば、
10年後には正常な食文化を取り戻すことが出来る。

そしてそれを、アメリカ という大国が実践することで
世界中の同様な問題を抱える国々がつ追随し、
世界が変わっていく。

その第一歩を、料理人であるジェイミー・オリバーさんが仕掛けようとしている。
強い信念がなければできない。
そんな彼の態度・行動に強く心を打たれた。

最後に、彼が語った一文を掲載したい。
「僕の願いは、全ての子供にちゃんとした
食の教育をし、家庭を再び料理に目覚めさせ
肥満と戦うように力づける 支援をお願いしたいのです。」

料理人ということもあり、様々なレシピ本も出している。この辺は流石です。

いろいろな本があるが、
彼の主張の本質は、↓こういうことなんだろう。

ジェイミー・オリヴァーの親子で作ろう わくわくごはん
ジェイミー・オリヴァー
アーティストハウス
売り上げランキング: 519665


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です