booklista(ブックリスタ) 2011年ランキングより 雑感




booklista(ブックリスタ)のランキングを見ての所感。
[ booklista ] booklista ranking 2011

年末に発表された2011年の総合ランキング
年間1位は、、プリンセス・トヨトミ
プリンセス・トヨトミ

総合
・プリンセス・トヨトミ
・悪人
・探偵はバーにいる
・のぼうの城
・神様のカルテ
・スティーブ・ジョブズ?
・これからの「正義」の話をしよう
・八日目の蝉
・・

全部知っている本だ。
というより、リアル書店でのランキングとおそらく大差ないような気がする。
映画化されたものや、話題になったもの。
この現実をどう捉えるかなんだが、
リアル本と電書がカニバッているとも受け取れるし、
人気のあるコンテンツはパッケージがどうあれ売れる とも受け取れる。

本(というかそのコンテンツ)を購入するときには何を基準に買うんだろう?
・ランキング
・レビュー/口コミ
・装丁(本のデザイン)
・そもそも著者のファン
・出版社(←これってないと思うな。○○出版だから買う とかないよね)
とかあるんだろうけれど、
電書に関してはさらに、
持っているリーダー(ガジェット)やアプリで読めるか否かという、
そもそもの話もある。

たぶん、現状では、いわゆるアーリーアダプター的な人が
とりあえずなんでもいいから電書を読んでみようと思って、
当たり障りのないリアルランキング上位の本を買ってみた みたいなところなんだろうか。

もうちょっと先の未来には、
リアル書店のランキングと この電書ランキングに差が出てくるんじゃないだろうか。
というか、出てきてほしい。
どういう差が出てくるかは、もう少し考えて予想してみることにする。

booklistaのランキングには、文芸・コミックという2ジャンル毎のランキングも
掲載されているので、そっちも見てみよう。

文芸
・プリンセス・トヨトミ
・悪人
・探偵はバーにいる
・のぼうの城
・神様のカルテ

コミック
・モテキ
・進撃の巨人
・聖☆おにいさん

うん。総合ランキングと傾向は一緒だね。
文芸にしろ、コミックにしろ、
今話題の本がランキング上位に出てきている。

ただ、コミックに関しては、
一昔前のガラケー電子マンガ同様に、
アダルト系やマニアック系は今後入ってくると予想される。
ニーズは間違いなくあると思うんだが、
あとはそういうコンテンツをどこから買って、どこで読むか?なんだな。

と、booklistaのランキングだけを見ていると、
まだまだ電書ならではの特徴みたいなものは見て取れなかった。
(いや、詳細に分析したりすればなんかあるのかも知れないけど)

ある程度予想しうる結果とはいえ、
もう少し電書ならではの結果が出てくると面白いな。

電書ならではの特徴(ネットワークに繋がっていることとか、リッチコンテンツとか)を
全面に押し出したコンテンツを作ってbooklistaが配信したら
どんなことが起こるんだろう?

ユーザーに受け入れられないのか?
それとも、そこに面白さを感じてくれて購入~シェア みたいな
未来があるんだろうか?

いずれにしても、理想の電書ワールド実現には
もう少し時間がかかるんだろうな…。

そして、2012年のランキングではなにが起こっているんだろうか?
それはそれで楽しみだ。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です