TEDオススメ:コミュニティーとリーダーシップで世界を変えることが出来る




セス・ゴーディン:我々がリードする部族 | Video on TED.com

f:id:hkei16:20120328020353j:image:left
きょうも恒例のTED散策。
懐かしい名前を見つけた。
セス・ゴーディン

かつて就活をしていた頃、
マーケティングという光を帯びたようなカタカナ語にあこがれ、
ONE to ONEマーケティング データベースマーケティングなど、
当時は先端(?)を走っていたマーケティング手法の本を読み漁った。
その時に出会った本のうちの1さつが、
セス ゴーディンさんの「パーミッションマーケティング」という本。

パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ
セス ゴーディン
翔泳社
売り上げランキング: 193155

もうかれこれ10年以上前に読んだ本なので、詳細までは覚えていないので、
解説はamazonさんに譲るとして、、
今思い返せば、彼が提唱したパーミッションマーケティングという理論は
すでに当たり前のことになっている。
当たり前だからこそ、その真髄を把握するために再度読んでみようかと思った。

さて、この恐るべき先見性を持ったセスゴーディンさんのTEDプレゼン。
セス・ゴーディン:我々がリードする部族 | Video on TED.com
これも非常に見ごたえのある内容だった。
このプレゼンが公開されたのは2009年2月。
今から3年前の話。

マーケティングそのもの話というよりは
「部族」と「リーダーシップ」の話だった。

どういうことか。

人が仕事・生活をするうえで無意識にしていること。
それは、
あらゆるものを変えようとしている
ということ。

そこには
アイデアを創り出すアイデア
アイデアを広めるアイデア

が必要である。

このアイデアが最大化するとき(変化を起こすとき)に必要なのは
金でもシステムを動かす権力でもなくリーダーシップだ

従来の「マスマーケティング」は「平均的なアイデア」を必要とするのに対し、
「部族」*1のアイデアは人々をリードしてアイデアと結びつける。
この部族がたくさんの人間を統一行動させて世界を変え、政治を変える。
部族が部族をまとめあげ、アイデアを広めると、
最初と比べてはるかに大きい集団となり、それは運動(ムーブメント)になる。

「部族」のアイデアを実現するためには
本当の信奉者を見つけることが必要であり、

  • 物語を伝え
  • 部族をつなげ
  • ムーブメントをリードし
  • 変化を作る

それが円環状に繰り返されていく。

世の中にイノベーションを起こしている
リーダーに共通していることは

    1. 現状に挑戦していること
    2. 文化を創り出すこと
    3. コミットすること

 

そして、部族のリーダーは皆カリスマ性を持っている。
しかし、リーダーになるのにカリスマ性は必要ない
リーダーになればカリスマ性ができるのだ。

と、やや引用気味の紹介になってしまったが、
このプレゼンを見ながらその言葉を書き留めずにはいられなかった。

以下私見ですが、
「部族」(コミュニティ)が存在するだけではだめで、

  • それを作り上げるひと、
  • 場の使い方を説明する人、
  • 場をリードする人

がたった数人いればいい。
それだけで世の中の様々なことに変化をもたらすことが出来る。
そしてその先導部分こそが変化の生まれる場所となる。

このプレゼン、まだ1回しか見ていないが、
見れば見ただけ新しい発見がある気がする。
彼がこのプレゼンで伝えようとしていることは、
単なるリーダーシップ論やコミュニティー論にはとどまらず、
世の中の仕組みや仕事への向き合い方、組織の使い方など
様々なことに応用できる。

とにもかくにも、一度見てもらいたい。
その際に、音を聞くだけではなく、必ず映像とともに見ることをお勧めする。
プレゼンの際にスクリーンに映し出されている
イメージ写真の使い方が絶妙に上手い。(これで聴衆の笑いをとり、場を温めているのがわかる)

ちなみにこの方、結構すごい人で、
Yahooの元副社長にして、今ではおなじみのバイラルマーケティングという手法を提唱した人。
今ではあたり間になっているが、15年以上前からマーケティングとテクノロジー(システム)の融合を唱えた。
マーケティングだけではなく、
キャリア・仕事術などに関しても著書があり、(たとえばこんな↓)

「新しい働き方」ができる人の時代
セス・ゴーディン
三笠書房
売り上げランキング: 34447
「見えてる人」になるたった1つの法則
セス・ゴーディン
実業之日本社
売り上げランキング: 137188

様々な分野で多大な影響力を持つ方らしい。

あのとき、パーミッションマーケティングという本に出会っていなければ、
今の自分の仕事は違うものになっていたかもしれないし、
このブログを書くこともなかっただろう。

TEDを通じて素晴らしい再会をすることが出来た。

*1:彼が言う「部族」とは、コミュニティと翻訳しても通じる。というか、今っぽい。


follow us in feedly

TEDオススメ:成功⇒幸福なんじゃない。幸福⇒成功なんだ。~プレゼンの極意とともに~




f:id:hkei16:20120324224102j:image:left
TEDでショーン・エイカーという人のプレゼンを見た。

ショーン・エイカー 「幸福と成功の意外な関係」 | Video on TED.com

「幸せになるためには努力し、成功しなければならない。」
とてもステレオタイプな考えで、意識しなければ
この考えに疑問を持つことすらあまりないだろう。

しかし、このプレゼンはこの考えを完全に否定した。

そのプロセスのプレゼンが面白く、かつとても納得できる内容だった。
プレゼンテイターは、ショーン・エイカーというおっさん。
このおっさんは面白い。
プレゼンの内容を見るに、
心理学とか脳みそ系のえらい学者さんなんだと思う。*1

何が面白いって、そのプレゼンの手法。
12分くらいのプレゼンの中で、
前半5分くらいは、もう完全にオーディエンスの
笑いを取りに行っている。
会場の空気を温めてから本題に入る。

ただし、その笑いも本題である「幸福と成功の意外な関係」という
ところへスムーズに誘導するための布石に過ぎない。
誰もがその場面をイメージできるよう、
最初に自分の子供のころの日常的な体験から入る。
こうすることでオーディエンスの気持ちのハードルを下げ、
興味を自分の話に向かせることに成功する。

この昔話をきっかけに本題へ入っていくのだが、
そこにも笑いのトラップがある。
いきなり難しい話に突入するのではなく、
スライドにグラフを映し出す。
このグラフが何をあらわすグラフなのかという
具体的な説明は一切なく、
そのグラフを一目見たときに気付く
特徴だけを(笑いとともに)説明する。
もう会場は爆笑の渦。

本人もオーディエンスもテンションが高まる中、
話は徐々に専門的な領域に入っていく。
ここでも難しい話は一切いれず、
体験的にイメージしやすい話で簡潔に説明。
笑いの山が落ち着いたところで、重要な言葉をはさむ。
「必ずしも現実が私たちを形作るのではなく、
脳が世界を見るレンズによって私たちの現実は形作られる」


さらに、
「そのレンズを変えれば自分の幸福を変えられるばかりでなく、あらゆる学習や仕事の結果を変えることもできるのです」
と。

だらだらと専門的に説明するのではなく、
話題の間でキャッチーな言葉で結論をズバッと言い放つ。

ここからクライマックスに向け、笑いの陰に隠れていた重要なキーワードが
矢継ぎ早に繰り出される。

「現状へのポジティブさの度合いを引き上げられれば、その人の脳は”幸福優位性”を発揮し始める」

「ポジティブな脳は(中略)…知能が上がり、創造性が高まり、活力が増大する」

「幸福と成功の法則をひっくり返すことが出来れば、自分の脳に本当は何ができるのか見えてくる。」

最後に、脳がポジティブなるように訓練する方法を披露していただきます。

・ありがたく思うことを毎日新たに3つ書くということを21日間続ける。
(ポジティブな考えを身に着けることを習慣化させる。)
・過去24時間のポジティブな考えを日記に書き、脳にそれを追体験させる。
・意識して親切な行動をとる。
だそうです。

プレゼンの手法からその内容まで、
笑いながら、頷きながら 最初から最後まで集中しながら
一気に見ることが出来る。
先日も書いたTEDに関するエントリー↓

TEDおススメ:最も心を動かされたプレゼン

に登場した珠玉のプレゼン↓

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか | Video on TED.com

に勝るとも劣らない、おすすめプレゼン動画でした。

ちなみに、この人の本。↓ 一時期ちょっと話題になってましたね。

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論
ショーン・エイカー
徳間書店
売り上げランキング: 1191

*1:すんません。ちゃんと調べていない


follow us in feedly

TEDオススメ:イノベーションを起こすために必要なゴールデンサークルとは?




f:id:hkei16:20120323022006j:image:left

今さらながら、TEDにはまっている。
↓これは日本語版サイト。
TED | Translations | Talks in Japanese

その内容自体にとても価値があり、
世界各界の一流の人のプレゼンを映像で見ることが出来る。
また、これは英語の学習にもとても役立つおおもう。

↑この本の著者、@HAL_Jさんも勧めている

TEDはさまざまな分野で大活躍した人が
その実体験やノウハウを惜しみもなく
インターネット上に提供している。
日常生活では交じり合うことなんて絶対にないスーパーマンたち。
仕事をしていてプレゼンが上手な人に出会うことはあれど、
TED出演者ほどのインパクトは与えるのは難しいだろう。

ついにNHKもTEDを放映するらしい。
スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン

子供が出来てからというもの、
NHK Eテレ(旧姓 3チャン)にはだいぶお世話になっているが、
このTEDがEテレで放映するというのは
個人的にはとても大きなニュースだ。
なぜなら、同じ局だから子供とチャンネル争いをしないですむ…。

僕がTEDにはまったのは、
このプレゼンを見てから。

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか | Video on TED.com

最初は日本語字幕をずっと読んだ。
その内容に激しく心動かされ、
MP3データをスマホに入れて持ち歩くほど。
そのプレゼンの臨場感や、
内容の説得力。
身近な企業やサービスを引き合いに出すわかりやすさと親近感。
どれをとっても最高のプレゼンなのだが、
自分の仕事(キャリア)を考えるうえで、
また、人生を考えるうえで
彼が語る WHY⇒HOW⇒WHATの順で物事を考えること、
人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされるということ
という理論はとても役に立っている。

この動画はちょっと長い(15分くらい)だけど、
是非にいろいろな人に見てもらいたい。
なんでもいい。
物事を考える必要があるときに、
彼が言っている
人は「何を」ではなく「なぜ」に動かされるということ
を強く意識してもらいたい。

ちなみに、このサイモン シネックさん、
本も出しています。↓


follow us in feedly

2012年3月19日版 佐々木俊尚さんのメルマガを読んで。




まえにも書いたが、
今回も佐々木俊尚さんのメルマガ感想。
↓以前書いたのはこれ。
インタレストグラフが導く未来 – たろすけの寝言的なブログ

お題は
スマートテレビってそもそも何だろう(中編)
~テレビの「ハードとソフトの融合」の意味をきちんと押さえる

ですが、正直自分はスマートテレビには今のところそこまで思い入れはなく、
ただただ読み進めていた。

んが、読んでいるうちに必ずしもスマートテレビの話題ではないことに気付く。

クラウドとマルチデバイス、そしてプラットフォームのお話。

印象に残った部分を引用させていただきます。

今のところiPhoneやAndroidのアプリの多くは、OS上で動くアプリです。
こうしたOS上で動くアプリを「ネイティブアプリ」というわけです。
しかし最近の潮流は、ネイティブアプリからクラウドへと進んでいます。
つまりインターネット上に存在するクラウドの上でアプリを動作させ、
それを手もとにあるさまざまな機器、つまりマルチデバイスによって閲覧するという方向へ進んでいくのです。

これはもう、未来の話でもなく、現在進行形の話。
思えば、PCも家庭用・仕事用(2台)、ガジェットもスマホにタブレット。自分の身の周りもだいぶマルチになってきている。自分が使用する全てのデバイスで同じことが出来るってのは、いやはや便利だ。

Kindleがこのような仕組みになっているのは、
アマゾンがKindleリーダーという機器を販売して儲けるのではなく、
クラウドに置かれた電子書籍のコンテンツを販売して儲けるということにビジネスの主眼を置いているからです。
(中略)
一方、アップルはアップストアなどでのコンテンツ販売よりも、
iPadやiPhone、マックなどの機器販売が中心です。
試みにちょっと古い数字ですが、昨年Q1の数字を見てみましょう。
アップルの売上高は約247億ドル。
このうちiPhoneの売上げが123億ドルで約5割。
Macは50億ドルで全体の2割。
iPadが28億ドルで1割。
そしてiTunesは16億ドルで、全体の6%ほどでしかありません。
要するにアップルは徹頭徹尾ハードウェアメーカーなのです。

アマゾンとアップルの戦略の違いを改めて。
アマゾンは様々なデバイスでコンテンツを売る仕組みを作り、
アップルは圧倒的に魅力的なデバイスで垂直統合を図った。
どちらも今は世界の中心になるような超メジャー企業だけれども、
このポジションになるまでにはさまざまな戦略を打ってきたはず。
戦略なくして繁栄なし。
日本企業も是非にアマゾンやアップルの戦略を研究してほしい。
でも、このアップルの作戦はいずれ壁にぶち当たるんじゃないだろうか…?(大きなお世話か)

ウェブブラウザはこれまでのように単にウェブサイトを表示する「画面」ではなく、
クラウドアプリが動作する基盤、つまり「場」のようなものに進化するということなのです。
(中略)
これまではOSが「場」だったのが、ブラウザそのものが「場」になっていくわけです。
こういう未来はもう何年も前から予測されていましたが、HTML5によってこれがようやく現実のものとなってきたのです。

これも現在進行形の未来だが、WEBの凄まじい進化のスピードにインフラ系がついてこれていないと感じる。
ケータイにしろwifiにしろ、「圏外」とか言っている場合じゃない。

かつてソニーは、「ハードとソフトの融合」を提唱しました。
この理念に基づいて映画会社やレコード会社を積極的に買収したのです。
しかしソニーの最大の勘違い(と後付けで批判するのはちょっと言い過ぎかもしれませんが)は、
この「ソフト」を映画や音楽などのコンテンツだと勘違いしたことでしょう。

本当に必要な「ソフト」とはコンテンツではなく、
ハードとコンテンツの「間」にはさまっているKindleStoreやiTunesのような配信プラットフォームであるのは間違いありません。
それは私が先週から縷々説明してきたとおりです。

意味的には異論の余地なし。完全納得なんだが、
今更な疑問が一つ。
プラットフォームという言葉って定義づけられている?
一般的には、
コンピュータやシステムの基礎部分となるもの。通常、ハードウェアおよび(または)オペレーティングシステムを指す。
といわれるが、これって結構狭義の意味のプラットフォームな気がしてならない。
情報産業においては、”人と情報が行き交う場”のような使われ方をすることが多く、
情報インフラと言い合えられるかもしれない。
ビジネスとして、、というか趣味研究として
「プラットフォームとはなんぞや?」を極めたら面白いかもしれない。

ではこの配信プラットフォームで最も重要な要素は何でしょうか。それはインタフェイスです。
(中略)
ユーザー目線で使いやすいインタフェイスを追及する。
なめらかにハードとソフトが連携している。
ガチガチのDRM(著作権管理)で固めてかえって使いづらいしまうのではなく、DRMを少しゆるめて使いやすさを優先する。
そういうアプローチが、この「ハードとソフトの間」をうまく動かす真髄なのです。
そして残念なことに、いまの日本は家電メーカーにしろ、コンテンツ側の出版社や放送局にしろ、
メディアに関わるプレイヤーがこの「間」を作るのが決定的に下手といわざるをえません。
日本のテレビ受像機は液晶画面は素晴らしく美しく、外観のデザインも良いのに、
いざ操作しようとしてみると恐ろしく使いづらいのです。
メニュー構造がどうなっているのかさっぱりわからず、
目的のメニューにまで行き着けないことが少なくありません。
またコンテンツ側は著作権管理に気を取られすぎていて、
ユーザーの使いやすさまで目を配ることができていません。

と。
この「ソフトとハードの間」のギャップというのは様々な場所で実感できるんじゃないだろうか?
こと電子書籍の世界においては最近如実に実感する。
著者、出版社、ストア、ハード 様々なプレイヤーいて切磋琢磨している分にはいいが、
各々が各自の既得権益を保持しようと、わけのわからんトラップを仕掛けるがゆえに
トータルで見ると激しく使いづらいものになっている。本末転倒もいいとこだ。
この各プレイヤーの間に入る挟まれ役がどうしても必要で、
それがディストリビューターであり、プラットフォーマーといえる。
このポジションを掴みさえすれば、第2のアマゾンにもなれるんだろうな。

情報を扱う仕事において、その基盤(インフラ)を作り、
ギャップを埋め、アンビエントに情報を得ることが出来る
世界を作るというのは究極の目標なんだろ思う。
そして、世界が求めているのも、
背伸びせずにこういう情報を手軽に取れる世界。
情報は適切なタイミングで適切な量が
適切な人に届かなければ、存在しないと同じ。

価値ある情報を鮮度を保って価値のあるままに
届けられる。そんな世界を作りたい。

というわけで佐々木さんの新書をとっとと読まなきゃ。

「当事者」の時代 (光文社新書)
佐々木 俊尚
光文社 (2012-03-16)
売り上げランキング: 2825


follow us in feedly

自分を客観的に見ること




ひょんなことから、自己PR的なものを書いた。

シューカツ以来だから、、、10年ぶりくらい?
あの頃はなんて書いてたっけなぁ。
なんとなく覚えてるような覚えてないような。
まぁ、今回書いたものと、学生時代に書いたものがほぼ一緒だったら
ゼロ成長っぷりに絶望してしまいそうなので探さないことにする。

で、自己PRに必要なことは今も昔も変わらなくて、
如何に自分を客観的に見るかということ。
これが実に難しくて、且つ楽しい。

日々の仕事では、自分を客観的に見るなんていう機会は
早々なくて、逆に主観的に物事を見ることのほうが多い。
そのため、どうしても今おかれている状況内の思考から抜け出せなかったり、
それどころか自分のことを考えるということすら
どこかに置き去りにされてしまいかねない。

でも、何のために仕事をするのか?とか、
どういう人生を送りたいのか?とか
割と根源的なことを考えようとしたとき、
自分を客観的にみるという行為は必ず必要になる。

一度仕事のスイッチもプライベートのスイッチも完全にOFFにして、
努めてニュートラルな状態でゴールを設定すること。
(どういう人間になりたいか?どんな人生を送りたいか)

  • ゴールの設定
  • そのために必要なこと
  • 今の自分にできること
  • どうしてそれができるようになったのか?

とか、いろんな切り口から考えてみる。

時系列でいうと、
まず未来を考え、
そこに向かおうとしている現在の自分を考え、
そうなったプロセスで過去を考える。
未来から現在を通って過去までさかのぼる思考が必要になってくる。

過去の記憶や思い出を引っ張り出してくるために
日ごろからどれだけ情報を整理できているかというとも必要だし、
未来を想像することも必要。

なんだかとても仕事の進め方に近い気がする。
ゴール(目標)の設定
現状の把握(SWOTとか)
どんな武器を選ぶのかという(過去)経験値による判断とか。

なんだかおもしろいな。

客観的に自分を見る ということが
習慣化すれば、
ぶれない自分の軸を創れるんじゃないだろうか?
そして何よりも大事なことは、
考えるだけではなく書き留めておくこと。
都度見返して間違いや勘違いがないかを検証すること。
だな。

また日を改めて書いてみよう。
違った自分の魅力に気付くかもしれない。


follow us in feedly