TEDオススメ:夢・目標、そいつらまとめて引き寄せろ!





四葉

夢や目標をかなえるために努力はしてますか?

その目標は自分の心の中だけにありますか?

それとも家族や友人に話していますか?

 

僕は個人的には自分の夢や目標は人には話しません。

理由はいくつかあるけれど、

夢や目標って得てして青臭いものが多いし、

(万が一)達成出来なかった時の残念さとかを考えると

なかなか人には言いづらいです。

 

一方、どんどん人に話すという方もいらっしゃいますよね。

誰かに話すことで頭が整理され、より具体的になるとか、

人に話すことで自分にプレッシャーをかけるとか。

 

どっちが良いということではないと思うんですが、

“TEDオススメ:夢・目標、そいつらまとめて引き寄せろ!” の続きを読む


follow us in feedly

年功序列が成り立つ3つの要因。Chikirinさんのエントリーを今さら読み直した。





nenkoujyoretsu
伝統的な大企業にはいまだに年功序列とか終身雇用という実態がある。

いや、それ自体を否定するつもりは毛頭ないし、

今の(一昔前の?)日本経済を支えてきたのはこの制度なんだと思う。

 

いま、2012年という時代において、改めてこの制度のことを考えてみた。

きっかけは、今更ながらChikirinさんのこの↓↓エントリーを読んだから。

 大企業を辞めるという合理的な選択

 

年功序列が成り立つにはいくつかの必須要件がある。

  1. 年配者と若年層を比べたときに、圧倒的に前者のほうが”仕事ができる”こと
  2. 知識よりも地頭よりも何よりも”経験値”がモノを言う仕事であること。
  3. まっとうな人口ピラミッドの型にのっとった組織体であること。

といった感じだろうか。

 

ビジネスの内容は年々、日々変化しつづけるものだと思う。

なぜなら、ビジネスとは、

”お客様やクライアントに対して新しいを価値を提供し、その対価としてお金をもらうこと”と僕なりに定義しているから。

ここで言う新しい価値というのは、たとえば

「昨日より便利になった」

「昨日より幸せになった」

「昨日より手間が減った」

「昨日よりうれしい」

こういう感情を相手に抱かせること。

 

今の変化が激しい時代において、

この”新しい価値”というのは毎日でも変わるのかもしれない。

つまりは、既存のアタリマエや経験値だけでは

ビジネスの相手に新しい価値を提供することなんてできるわけがない。

(人口ピラミッドに関しては言わずもがな、成立していない)

なので、年功序列という制度自体はもう成り立たないんだとおもう。

 

一方で『完全実力主義』をうたっている企業に関しても

なんかしらのバイアスを感じずにはいられない。

実力=成果 と割り切れれば成り立つが、

目に見える成果が出ないセクションの人は?(たとえば経理とか財務とか)

人事制度として実力を測ることは不可能だろう。

 

では、どのような人事制度が今の時代に即しているんだろうか?

・・・はい、わかりません。

 

ただ一つ言えるのは、

目標やミッションは会社から与えられるものでも押し付けられるものでもない。

自分で設定し、自分でチャレンジすることだとおもう。

結果として成果を出すことが出来れば、

その人は当然評価されるべきだし、

成果を出せなければ、目標やミッションを見直すことが必要なんだと思う。

この見直しの時点では、年長者や上司にアドバイスをもらうのが得策。

 

自分のキャリは自分で考える。

アドバイスは欲しい。

でも、決断するのは自分。

こんな当たり前のことを当たり前に発信できる世の中になっていってほしいもんだ。

自分のアタマで考えよう
ちきりん
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 3561

ちきりんさんの本は、なんかゆるいのに、なんかグッとくる。
不思議な本が多い。


follow us in feedly

【本の紹介】これから新しいビジネスを担う人に。オススメの本3冊

自分マーケティング





モチベーション

 

ビジネスマンとしての成長には、学習と経験は欠かせない。

勿論、成長意欲という志が大前提だが。

 

学習といっても、学ぶべきことは無限にあり、

英語の勉強・資格の勉強・スキルを身に付けるための勉強、

時には自己啓発も一種の楽手と呼べるだろう。

 

本を読むということは、特定のスキルに関わらず、

大きな学習効果があると思う。

専門家の知恵や美しい文章に触れることが出来る。

読み終えれば頭の中には知恵や知識が詰め込まれ、

(これを忘れないようにし、実践することが最も大事だけど)

そして多くの場合、大きなモチベーションの波がやってくる。

 

この波が来ているうちに新たな経験をしたり、

さらなる学習をしたり、

お手本にしたい人の話を聞いたりして

常に高くモチベーションを保つことが重要なんじゃないかと最近思う。

 

では、そんなモチベーション向上に役立ちそうな3冊を紹介。
“【本の紹介】これから新しいビジネスを担う人に。オススメの本3冊” の続きを読む


follow us in feedly

TEDオススメ:男子が学校でより輝くために必要なこと。





男子

アリ・カーシェルマン「男子生徒の学習を促すゲームの作成」

 

僕の息子は来年春には幼稚園に入園する。

これまでは父母・祖父母といったとても身近な存在に教育を受けていたが、

来年の春からは公の場で教育を受けることになる。

親としては楽しみでもあれば、不安もある。

 

さて、男子という生き物をご存知だろうか?

某缶コーヒーのCMで美しく小馬鹿にされている、

あの男子である。
“TEDオススメ:男子が学校でより輝くために必要なこと。” の続きを読む


follow us in feedly

最後の大仕事、そしてこれからの大仕事





IMG_2101
出会ってから14年。

人生の半分近くを共に過ごしている大事な大事な仲間たち。

その同期最後の一人がようやく結婚した。

 

誰かが結婚式をするとなると、いつも

二次会幹事やったり、思い出アルバム制作したり、

いろいろとやってきたもんだ。

その度にみんなが喜んでくれた。

我ながらいい仕事をしてきたと思う。

 

それもこれで終わりなのかと思うとなんだか寂しいな・・・。

俺がみんなにしてああげられることって、

そういう裏方仕事くらいしかないから。

 

この輪の中には確実に自分の立ち位置や居場所がある。

自分で設定したミッションがある。

支えてくれる仲間がいる。

 

本当に恵まれている。幸せなことだ。

今後はどういう形で貢献していこうか。

なんて考えていたら。

この輪も仕事も同じ状況なんだなと気付いた。

 

自分の立ち位置・ミッションそして、仲間。

これらが自分のすべてのモチベーションなんだと気付いた。

これがあればどんなに大変でもやり切れる。

 

その環境を自分で探したり創り出したりすることが

次の大仕事だわ。

何より大事なのは、その環境で誰よりも輝くこと。

 

この大仕事に終わりはない。

ずっとずっと追い求めていこう。


follow us in feedly