自分はたったこれだけで変われた。自身を成長させるために必要な3つのこと





【2017年2月19日 更新】

一人の人間(男子)として、もっともっと成長していきたい。

ビジネスマンとして成長にドライブかけたい。

出来ないことが出来るようになりたい。

 

いわゆる、成長意欲がある人は誰しもこのようなことを思っているんだろう。

この考えはとても健全なものだと思う。

 

では、自身の成長に必要なことって何だろう?

私見ではあるが、思っていることをここに記してみる。

成長に必要な要素は大きく3つ。

  1. 自助努力
  2. 成長環境

自分の成長に必要な要素:1 自助努力(アタリマエ)

ぶっちゃけ、どんな環境でもどんな仕事であっても、それを続けていれば人は成長する。

成長のベース、土台になるものは自助努力であり、つまりは

学習と経験だと思っている。

 

もちろん、成長したいという、成長意欲はもちろん大前提として、

知らないことを調べたり勉強したりすることで”知識の成長”が出来る。

やったことがないことをやってみる。反復することで、”体験の成長”もできる。

この2つはとにかく大前提。

 

つまりは、この学習と経験だけでも人は成長できる。

どんな環境であれ、どんな仕事内容であれ。

でも、自分の成長曲線にもっとドライブをかけようと思ったら?

そして、ここから先は外的な要因が絶対的に必要になると思っている。

それは、この二つ。

  1. 共に成長しあえる仲間。
  2. 成長を促す環境。

 

自分の成長に必要な要素:2 共に成長しあえる仲間

ここでいう、仲間とは単に友達であるとかそういうことではない。

「この人についていきたい」「こういう人になりたい」と思えるような、メンター

「こいつには負けたくない」「こいつと一緒にゴールしたい」と思える、ライバル

こういう人が周りにいれば、それはとても幸せなことだと思う。

でも、なかなかこういう人って出会えないんですよね・・・。

でも、同じ志をもって、同じ方向を向いて切磋琢磨しあえる仲間の存在は大きく、自分が成長することで仲間も成長し、逆に周りの仲間が成長することで自分も成長するという正のスパイラルが生まれる。

この上昇気流に乗ることで、成長に加速をつけることが出来る。

自分の成長に必要な要素:3 成長を促す環境

どんなに自助努力を重ねようが、どんなに仲間たちと高めあおうが、

属する環境(組織)が停滞していたり、戦う市場が飽和していたりしていては、

成長に仮足をつけるのは難しいだろう。

属する環境自体が成長している。もしくは、自分で成長を予見できる環境であることはもはや必須条件だと思う。

時には、「どんな環境だろうが努力すれば成長はできるはずだ!」という批判もあるだろう。しかし、根性論理想論とは別の観点で、成長環境にいたほうが成長しあえる。
なぜなら、自分の成長曲線にドライブをかけるためには、自助努力という内部要因だけではなく、前述の外部要因も絶対に必要だから。

ここで言う外部要因が、すなわち、「人」と「環境」に該当する。

不思議なもので、成長環境には成長意欲の高い仲間が多く存在し、前述の上昇気流が発生しやすい。個人が上昇気流に乗れば、おのずと組織自体の成長が促され、勢いがつく。勢いがつけば成長モチベーションが刺激され、さらに人が成長していく。

人が成長すれば、組織の成長が促され・・・・・という、人と環境が巻き起こす、竜巻のような規模の上昇気流を発生さえることが出来るんじゃないだろうか?

以上、完全な私見なので、異論反論は多々あると思うが、

それでも自分の信じる道を進んで、さらなる成長を続けていきたいと思っている。これまで、このブログの中で成長に関するエントリーはいくつか書いている。

TEDオススメ:成功者だけが知る8つの秘密!

 

こちらもよろしければご参照ください。
僕のような小僧ではなく、成功者が語る成長の極意とも読める内容ですので。

ちなみに、学習と経験を意識したときに役に立つフレームワークとして、こちらの本がオススメ。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
アレックス・オスターワルダー イヴ・ピニュール
翔泳社
売り上げランキング: 1,132


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です