はだしのゲン騒動に思う。描写だけじゃなく、様々な角度から再評価すべきでは?





はだしのゲン

恥ずかしながら、はだしのゲン、読んだことありませんでした。

「はだしのゲン」閲覧制限は正義か?~最近の保守派の一部はどうも度量が狭くなってきた

このニュースを目にして、その過激な描写というのがどの程度のものなのか知りたく、

また、これだけ長く読み継がれている名作を読まないわけにはいかないという、今更な義務感に駆られ、さっそくKindleで購入してみました。

まだ読み始めで2巻までしか読んでいないけれど、思ったことをいくつか。

過激な描写?

上記の閲覧規制をしたのは、市立小中学校の図書館とのこと。

理由は過激な描写とのことで、確かに過激な描写というか、現実だったら直視できなさそうな場面は多々登場する。

この描写をみて、メンタル的に大丈夫な子もいれば、大丈夫じゃない子もいるかもしれない。

でも、大丈夫じゃない子はその場で個人の判断で読むのをやめればいいわけで、

大人が一方的に規制するというのはやりすぎじゃないだろうか?

 

原爆の記録として

小中学生はおろか、僕だって戦争を知らない世代だ。

戦争に関する知識でいえば、祖父から聞いた話や、歴史の授業で学んだ知識、

毎年夏になるとテレビで放送される戦争特番、あとは戦争ものの本などから得た知識しかない。

でも、当時その場にいた作者の故中沢啓治さんがその目で見たことを、後世に残す記録として絵にしてくれているというのは、歴史的に貴重な資料になりうるのではないだろうか?

文字になっている情報や、言葉として聞いた情報は多々あっても、

ビジュアルとして当時の状況を伝えるというのは、本当に貴重なことだと思う。

原爆を経験して存命の方もたくさんいらっしゃると思うが、その方々が当時のことを記録にの構想としても、絵心・文才がなければ、口伝しかない。

そういう意味でも、この漫画に登場する描写(絵)は貴重な歴史的資料と言えるだろう。

 

本当に読み取るべきこと

この漫画は、広島における原爆の惨状を伝えたものであるというのは間違いない。

でも、主人公ゲンの古き良き人間臭さや、他の登場人物が織りなす人間模様など、

戦争という側面に限らず、人間ドラマとしても十分に楽しめる内容になっているし、

地域の人々の関わり方や、生きるということに対しての執念みたいなものは、

現代社会においても十分に啓蒙的で、それこそ道徳の教科書として成り立つのではないかと思うくらい。

 

まだ2巻までしか読んでいないくせに偉そうなことは言えないが、

この漫画の描写という側面のみで規制してしまうのではなく、

日本人として知っておかなくてはならない歴史の真実や、人間性を学ぶという側面からも

検討すべきなのではないだろうか?

とりあえず、最後まで読んでみますが、間違いなく名作だし、貴重な資料になりうる漫画だと思う。
まだ読んだことない方も、前に読んだ方も、いま改めてこの漫画を読み直して、再評価してみてはいかがでしょうか?


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です