転職サイトや人材紹介会社が言えない、転活の真実。内定が出やすい転職活動 3つのポイント

転職 内定獲得

転職活動中のあなたへ。

こんにちは。たろすけです。

転職というのは、なかなかチャレンジングであると同時に、情報が足りなかったり、錯綜したり、なかなか大変ですよね。
どうして、ネットに落ちている転職関連情報ってフワッとしているんだろうと、疑問に思いませんか?
実は、それには秘密があるんです。

ネットで転職関連の情報を得ようと、検索をすると、大手転職サイトのページがズラーーーっと出てきますよね?
でも、転職を有利に進めるための情報は、そこには載っていません。

なぜなら、、、本当のことを書いてしまうと、人材業界が自分で自分の首を絞めることになるから。

僕は、採用を支援したこともあれば、実際に採用もしているし、なんなら転職活動も通算で割と長いことしていました。

こんな経歴の僕が、転職活動中のあなたへ、内定を獲得するのにとっても大事な視点を一つ教えます。簡単なことですけどね。

“転職サイトや人材紹介会社が言えない、転活の真実。内定が出やすい転職活動 3つのポイント” の続きを読む


コンテンツマーケティング最初の1か月にSEO対策以外でやるべきことはこれ!

コンテンツマーケティング最初の1か月

お久しぶりです。
たろすけ です。

前回のエントリーからだいぶ時間がたってしまいました。
その間、いろいろありまして、今はコンテンツマーケティングのプロになるべく日々精進しています。※怪しい情報商材系の話ではありません。

仕事がら、クライアント(企業)のコンテンツマーケティングのお手伝いをすることも多いのですが、
コンテンツマーケテイングを始めるきっかけも、その時のお悩み(課題)も、だいたいパターンがあって、
それらの回答はすでに様々なサイトで紹介されているので、勇気をもって割愛します。

ただ、僕がいくら探してもなかなか見つからないお悩みが一つあって、
それが、「立ち上げの時に何をすればいいのか?」ということ。
今回はそれを簡単に解説してみようと思います。 “コンテンツマーケティング最初の1か月にSEO対策以外でやるべきことはこれ!” の続きを読む


家計簿とビジネスって似てる。マネーフォワードでビジネス感覚を身に付けよう

家計簿とビジネスの共通点

家計簿とビジネス。一見関係なさそうな両者ですが、細かく紐解いていくといくつかの共通点がありました。
まぁ、どちらもお金が関係するという点ではもちろん共通項はあるのですが、それ以外、特にモチベーションにかんする共通点を3つ。さらに家計簿とビジネスで成果を出すためのコツを1つ紹介してみます。

“家計簿とビジネスって似てる。マネーフォワードでビジネス感覚を身に付けよう” の続きを読む


老眼だけじゃない。Kindleをシニアにオススメしたい理由3つ

電子書籍元年といわれたのは何年前だっただろうか…?(2012年くらいだったでしょうか?)
いま、自分の周りでも徐々に電子書籍、、というか、Kindleを持っている人が
増えてきていると思う。

しかし、こちらの記事によると、
日本は電子書籍の「後進国」なのか?–米国との差を「刊行点数」から推定
日本の電子書籍普及率は約10%程度らしい。
まだまだ成長の余地はありそうですね。

さて、もはや電子書籍だけではなく、様々なジャンルで
顧客ターゲットになっている“シニア”。
医療、介護をはじめ、宅配ビジネスやファッション業界でも
シニア層の取り込みは急務になっていると聞きます。

そんな中、ついに電子書籍の親玉ともいえるKindleが
シニア向けの特集ページを開設してました。

このサイトでは、シニア層にオススメの理由を「老眼」に絞って紹介しているが、
僕がシニア層に電子書籍(Kindle)をオススメしたい理由はほかにもある。

端末一つで、様々な本を持ち歩ける

電子書籍端末を持つことの一番のメリットといってもいいと思うが、
とにかく端末1つあれば、本を何冊でも持ち歩ける点。
年齢に関係なく、本好きの人は何冊でも本を読みたいもの。
しかも、ビジネス書、小説、流行りの本、など様々なジャンルを
その時の気分で読み分ける人も多いだろう。(僕は常時3種くらいの本を気分で読み分けてます)
また、年を重ねれば重ねるほど、外出時に持ち歩く荷物も小さく軽くしたい。
そんなニーズにKindleはバッチリ応えてくれている。

同じ本を買っちゃうことがなくなる

これ、僕も最近しったアマゾンの機能なんですが、
ログインした状態で、過去に買ったことがある商品の紹介ページに行くと
キャプチャ

こんなアラート出してくれるんですよね。
これ、僕はとっても助かってます。
過去に何度同じ本を買ってしまったことか・・・。
Kindleで本を読むことが当たり前の習慣になれば、
これまで見たいに同じ本を間違って買ってしまうこともなくなりますね。

Kindelで読書している姿は格好いい!

これは完全に私見ですが、
電車や街中で、Kindleを読んでいるシニアの方を見かけたことがるのですが、
なんかすごく格好いいんです。
シニア

まさにこんな感じですね。
僕もこういう歳の取り方をしたい!

そんなこんなで、シニア向けのKindleをオススメしてみましたが、
なかなかご自分で買うのもまだ抵抗があるかもしれないですね。
ここはひとつ、親孝行として、ご両親にKindleをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
今なら全額返金キャンペーンもやっているみたいですね。
アマゾンさん、太っ腹!
今すぐお試しください!30日間全額返金キャンペーン実施中

まぁ、いろいろ書きましたが、
老若男女問わず、すべての方にKindleはオススメです。
あとはアマゾンさんに頑張っていただいて、
もっと多く本がKindle化されれば言うこと無しですね。


地方創生から地域創生へ。僕らにできることは何なのか?

地方創生から地域創生

盛り上がってますね。
地方創生。

僕はこの言葉が嫌いです。
嫌いというか、概念として大事なことなのはわかっているんだけど、
どうも腹落ちしないというか、自分事にならない。

なぜだろうと考えてみました。
で、一つの結論として、
「地方」という言葉が入っているからだと気づきました。

「地方」って言っている時点で、もう他人事感満載じゃないですか?
縁もゆかりもない「地方」を創生するなんて自分事化するわけがない。

で、考えました。 “地方創生から地域創生へ。僕らにできることは何なのか?” の続きを読む