老眼だけじゃない。Kindleをシニアにオススメしたい理由3つ





電子書籍元年といわれたのは何年前だっただろうか…?(2012年くらいだったでしょうか?)
いま、自分の周りでも徐々に電子書籍、、というか、Kindleを持っている人が
増えてきていると思う。

しかし、こちらの記事によると、
日本は電子書籍の「後進国」なのか?–米国との差を「刊行点数」から推定
日本の電子書籍普及率は約10%程度らしい。
まだまだ成長の余地はありそうですね。

さて、もはや電子書籍だけではなく、様々なジャンルで
顧客ターゲットになっている“シニア”。
医療、介護をはじめ、宅配ビジネスやファッション業界でも
シニア層の取り込みは急務になっていると聞きます。

そんな中、ついに電子書籍の親玉ともいえるKindleが
シニア向けの特集ページを開設してました。

このサイトでは、シニア層にオススメの理由を「老眼」に絞って紹介しているが、
僕がシニア層に電子書籍(Kindle)をオススメしたい理由はほかにもある。

端末一つで、様々な本を持ち歩ける

電子書籍端末を持つことの一番のメリットといってもいいと思うが、
とにかく端末1つあれば、本を何冊でも持ち歩ける点。
年齢に関係なく、本好きの人は何冊でも本を読みたいもの。
しかも、ビジネス書、小説、流行りの本、など様々なジャンルを
その時の気分で読み分ける人も多いだろう。(僕は常時3種くらいの本を気分で読み分けてます)
また、年を重ねれば重ねるほど、外出時に持ち歩く荷物も小さく軽くしたい。
そんなニーズにKindleはバッチリ応えてくれている。

同じ本を買っちゃうことがなくなる

これ、僕も最近しったアマゾンの機能なんですが、
ログインした状態で、過去に買ったことがある商品の紹介ページに行くと
キャプチャ

こんなアラート出してくれるんですよね。
これ、僕はとっても助かってます。
過去に何度同じ本を買ってしまったことか・・・。
Kindleで本を読むことが当たり前の習慣になれば、
これまで見たいに同じ本を間違って買ってしまうこともなくなりますね。

Kindelで読書している姿は格好いい!

これは完全に私見ですが、
電車や街中で、Kindleを読んでいるシニアの方を見かけたことがるのですが、
なんかすごく格好いいんです。
シニア

まさにこんな感じですね。
僕もこういう歳の取り方をしたい!

そんなこんなで、シニア向けのKindleをオススメしてみましたが、
なかなかご自分で買うのもまだ抵抗があるかもしれないですね。
ここはひとつ、親孝行として、ご両親にKindleをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
今なら全額返金キャンペーンもやっているみたいですね。
アマゾンさん、太っ腹!
今すぐお試しください!30日間全額返金キャンペーン実施中

まぁ、いろいろ書きましたが、
老若男女問わず、すべての方にKindleはオススメです。
あとはアマゾンさんに頑張っていただいて、
もっと多く本がKindle化されれば言うこと無しですね。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です