英語の勉強にオススメの1冊。Stay Hungry,Stay Foolish を対訳で。





study_JOBS

もう、とにかく英語の勉強をしなくてはならなくて、いろいろな所から情報を集めています。

勉強法というだけでも様々なやり方がこの世の中には溢れていて、何から手を付けていいものやら。

ネットの世界には、”TOEIC900点をとるための勉強法” とか、”たった2か月でTOEIC900点”とかそんな情報があふれている。

でも、自分には自分に適した勉強法があるはずなので、まずはその自分流英語の勉強法を探していた。

(なので、このエントリーを読んでも英語ができるようになるわけではないです。一緒に英語がでるようになっていきましょうという、というだけですので悪しからず。。)

だから、もう迷わないことにした。

とにかく、英語に触れる時間を増やし、英語を自分の生活の中に取り入れることで、半強制的に習慣化させることにした。

 

元々、TEDが好きで、このブログの背骨をなしているのは「TEDオススメ」と冠にしている、TEDの感想日記がある。

そう、英語の勉強にTEDはやっぱり最適だった。

 

で、いろいろな勉強法がある中で、僕は英語の本を読むところから始めることにした。

そんな時にはやはりKindleが本当に便利で、読みながらわからない単語が出てきたときにはその場で単語をなぞれば辞書で意味を調べられるというのが便利すぎてしょうがない。

 

そのKindleで素敵な一冊を見つけた。

ハングリーであれ! 愚かであれ! スティーブ・ジョブズ
というKindleの本。

 

あの有名な、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での講演の内容。

この動画はTEDでも特別枠的な位置づけで掲載されている。

Steve Jobs: How to live before you die | Video on TED.com


このスピーチの感想は前にTEDオススメとして書いたので、今回のエントリーでは割愛します。↓ ↓

TEDオススメ:スティーブ・ジョブズ伝説のスタンフォード大学スピーチ

 

で、この本、何が素晴らしいって、たぶん英語の勉強用に編集された本なんだと思うんだけど、大きく5部構成になっている。

  1. スティーブ・ジョブズの略歴
  2. スタンフォード大学学位授与式でのスピーチについて
  3. スタンフォード大学学位授与式でのスピーチ(原文)
  4. スタンフォード大学学位授与式でのスピーチ(訳文)
  5. 対訳

 

まぁ、1・2は情報として読んでおいてもらえればいいんだが、

原文・訳文・対訳がついているのは、英語勉強中の僕はとてもうれしかった。

この本を使っての僕の勉強法はこうだ。

①先ずは、原文をそのまま読む。とにかく読む。分からなくてもいいから読む。最期まで読む。

②訳文をザーッと読む。(僕はTEDで観ていたので、大体の内容は分かっていたけど)

③なんとなく全体の流れを博したところで、単語や文法を意識しながら対訳を丁寧に読む。

というステップをとった。

 

こうすることで、まずは”英語を自分に取り入れる”という習慣を作り、

その習慣の中で意味を理解し、最後に対訳で原文と翻訳を読み比べることで、細かな言い回しや文法を理解することが出来る。

 

英語で勉強しなくてはならないことは、大きく、

  1. Writing (書く)
  2. Reading(読む)
  3. Listening(聴く)
  4. Speaking(話す)
  5. Grammar(文法)
  6. Word(単語)

といったところだが、この勉強法ならば自然と

2.5.6はカバーできることになる。

3はTEDを英語字幕で見続けいているので何とかなるだろう。

1.4は相手があってのことなので、自分一人ではどうにもならない。

なので、2.3.5.6で自分が十分に英語に対して自信が持ててくれば、

オンライン英語講座とか、もしくは駅前留学でもいいが、ネティブの人たちとコミュニケーションをとれるようになりたいと思う。

とにもかくにも、この一冊。勉強を始めるにあたっては、構成も内容も本当にオススメです。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です