【本のオススメ】夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神~貧乏神から嫌われるための教科書~

夢をかなえるゾウ2





夢をかなえるゾウ
先日レビューを書いた、「夢をかなえるゾウ」の続編を読んだ。

前回エントリーはこちら。

【本のオススメ】夢をかなえるゾウ~啓発系読むなら、これ1冊でOK~

2作目は、「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」というタイトル。

前作は、”成功するための方法”をガネーシャ(ゾウの神様)が主人公に漫才の様に教えてくれるお話だったのに対し、
2作目はもっとダイレクトに”お金に好かれるには” ということにテーマを絞った作品。

 

前作同様、ガネーシャというゾウの神様と、主人公が登場し、
さらには貧乏神やお釈迦様、死神まで登場する、まさに神様祭りのようなストーリー。

では、今回も簡単にポイントだけ。

巻末には、ガネーシャの教え、貧乏神の教え、お釈迦様の教え がそれぞれ簡潔にまとまっています。
それだけ読んでも十分なのですが、この本はストーリーごと楽しむのがオススメです。
“【本のオススメ】夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神~貧乏神から嫌われるための教科書~”の続きを読む


follow us in feedly

【本のオススメ】夢をかなえるゾウ~啓発系読むなら、これ1冊でOK~

夢をかなえるゾウ





夢をかなえるゾウ

書店には何冊もの自己啓発系の本が並び、そしてそれらはそこそこ売れているらしい。

うん。気持ちはわかる。

こんな世の中で、これから自分がどのようにして生きていくべきか、

もちろん自分で考えて行動しなきゃならないんだが、それでも何かに「期待」して

それらの本を手にとってしまうんだろう。

 
“【本のオススメ】夢をかなえるゾウ~啓発系読むなら、これ1冊でOK~”の続きを読む


follow us in feedly

TEDオススメ:モチベーションを上げたければ、インセンティブは廃止すべきなんだ。





 

f:id:hkei16:20120329013907j:image

ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」 | Video on TED.com

この人はやっぱりすごかった。
数年前に大きな話題になった本の著者。

モチベーション1.0:生存や安心に基づく動機づけ
モチベーション2.0:アメとムチに駆り立てられる動機づけ
そして、モチベーション3.0の登場。

この説は、日本では根付かないなど、様々な意見もあったが、
個人的にはとても納得・共感できる内容で、
こういう社会を夢見ていた。
当時、この本の内容に激しく共感したものの、
悲しいかな自分にはこの環境を作ることはできないと思っていた。
でも、創造的でモチベーションの高い組織をマネジメントしたいという
目標が今はある。
“TEDオススメ:モチベーションを上げたければ、インセンティブは廃止すべきなんだ。”の続きを読む


follow us in feedly

TEDオススメ:賛否両論?!お金で幸せを買う方法





 

マイケル・ノートン: 幸せを買う方法

 

 

 

幸せをお金で買うことはできるのか?

昔っからよく聞く禅問答ですね。

ホリエモンは買えるといった。

お金はいつも正しい
お金はいつも正しい

posted with amazlet at 12.07.30
堀江 貴文
双葉社
売り上げランキング: 8177

多くの人は、愛も幸せもお金では買えないと道徳的に言う。

それはきっとある意味正しいんだと思う。

なぜなら、どちらもお金の対価になりうるものではないから。

 

マイケル・ノートンさん。彼はお金で幸せは買えると主張する。

彼はただの夢想家、ニヒリストではなく、れっきとしたハーバードビジネススクールの方。

なんとなく信憑性がある気がする。

 

彼の言い分はこうだ。

お金で幸せを買えるかどうかは、そのお金の使い方にある。

自分のためにお金を使っても、その人の幸福度は上がらない。

一方、他人のためにお金を使うと、幸福度は向上する。

“TEDオススメ:賛否両論?!お金で幸せを買う方法”の続きを読む


follow us in feedly