初心者WEBマーケターの必読本!「沈黙のWebマーケティング」

Webマーケティング





やっとこういう本が出てきたか。
といった感じ。
こんなにふざけたマーケティングの参考書は見たことがない。
でも、最高の1冊だ。

WEBマーケティング初心者がすがる思いで
Amazonで検索すると、大量のオススメ本が出てくる。

しかし、それらの本の多くは、
SEOだけに特化した内容や、一昔前の情報が網羅されているモノ、
専門的な内容で理解が困難なモノ、胡散臭いものなどなど、
何を読めばいいのかよくわからいことも多い。
“初心者WEBマーケターの必読本!「沈黙のWebマーケティング」” の続きを読む


follow us in feedly

「結論から言え」は正解なのか?ジョブズは結論を最後に言っても人々を魅了した。その手法とは?

WhyHowWhat





スティーブ・ジョブズはなぜ、あんなにも世の中の人たちを魅了し続けることが出来たのだろうか?

あなたがもしも、ジョブズのような強いリーダーになりたいと思ったら、
同じように振る舞うことが出来るだろうか?

ジョブズが作った、Appleという企業も、
最初から大ヒット製品があったわけでもないし、
最初から優秀な人材が集まっていたわけではないし、
あんなに魅力的だったわけでもない。

もちろん、そこには様々な偶然や奇跡もあったことだろう。
しかし、ジョブズ自身が会社の根幹をなす人材を集めたのも事実だし、
世界中の人たちに愛されたのも事実だ。

ジョブズは天才だった。
では、彼は何の天才だったのだろうか?

このブログでもたびたび登場する、
サイモン・シネックという人物がいる。

彼の名前をググってみると、ゴールデンサークルという
キーワードが同時に検索されている。
ゴールデンサークルとは一体何なのか?
“「結論から言え」は正解なのか?ジョブズは結論を最後に言っても人々を魅了した。その手法とは?” の続きを読む


follow us in feedly

これで伝える力が倍増する!インフォグラフィックスとセールスライティング





ブログを書いていたり、WEBサイトを作っていたり、
はたまた、情報系のサイトを読んでいるときでもいいんですが、
「もっと、こう、なんつーか、シンプルに伝えられないか?」って
思うことがよくある。

特に僕のブログなんかは顕著なんだが、
伝いえたい情報を基本は文章とイメージ画像だけで伝えようとしてしまう。

でも、それって本質的ではなくて、
伝えたい情報(コンテンツ)があって、
それを表現する方法って基本的には無限にあるんですよね。
そう、伝える手段は無限です。

とはいえ、僕らが往々にして伝えたいことって、
結局見た目(文字やグラフィック)で伝えるのが
最もわかりやすかったりする。

文章を書くことはできても、
グラフィックを描くことは僕には難しい。
デザインという武器を持つ人が心から羨ましく思える。

そんな折、この2冊の本に出会いました。
“これで伝える力が倍増する!インフォグラフィックスとセールスライティング” の続きを読む


follow us in feedly

自分の目標と日々の作業の間に矛盾を感じたら。

目標と日々のギャップ





志望動機は何ですか?当社で何を実現したいですか?
と聞かれて、大きな夢を語った。

夢がある仕事をしている。

そんなはずだった。

でも、実際の仕事はというと、
見積もりを書き、
請求書の処理をし、
サイトのバグをシコシコ直す日々。

嗚呼、俺の大きな夢と今の仕事にはギャップがあるなぁ・・・・

なんて、結構多くの人が思っているのではないでしょうか?

そりゃそうです。
少なくとも仕事においては、実現したい理想は
一朝一夕で成し遂げられるものではなく、
日々の仕事、業務、作業の積み重ねでいつの日か実現する未来。

解ってる。理解はしている。
でも、おれはもっと大きな仕事をしたいんだ。

って思いますよね。

先日、僕が憧れる先輩がこの問題を解決する素晴らしいアイデアをくれたので共有します。
名付けて、、、、
「反復横跳び法」

なんじゃ、そりゃ。と。
解説しましょう。
“自分の目標と日々の作業の間に矛盾を感じたら。” の続きを読む


follow us in feedly

改めて夢に関して考えてみよう。~あなたの夢は何ですか?~





あなたの夢は何ですか?

この問いに正直に、即答できる人ってどれくらいいるんだろう?
正直に というのも結構ポイントで、
仕事や大義名分ではなく、個人として本当に心から望む夢って即答できますか?

ノーベル賞を獲りたい!とか、
経団連のTOPになりたい!とか、
大金持ちになりたい!とか、
世界一周したい!とか。
具体的であればあるほど、答えられる人って少ないんだと思う。

良く言われるのは、
大人になって社会を知れば知るほど自分の脳みそに
蓋が作られてしまって、記憶からなかなか呼び出すことが出来なくなる。
だからいくら考えてもなかなか思い出せない。
なんて話を聞いたことがある。

なんとなく、そんな気もして納得してしまいそうになるんだけど、
ちょっと待てよ。。
夢って思い出すものなのか?
考えて捻り出すものなのか?
そもそも、昔の夢と今の夢ってイコールなのか?

たぶん、全部違うと思う。
だって、夢って、もっと自分がワクワクする状態であって、
ワクワクするシチュエーションって今と10年前とでは違うでしょ。

だから、若かりし頃の夢を無理やり思い出す必要もないし、
無理やり考えて大義名分っぽい夢を捏造する必要もない。

今、自分が自分と向き合って、
素直にワクワクすることを感じればそれが
夢の第一歩になるんだろうと思う。

ビジネスの世界に身を置いているのであれば、
どんな状況になったらワクワクしますか?

  • CEOとして取材を受けている状況?
  • 上場して鐘を鳴らしているところ?
  • 自社のサービスや製品がTVで紹介されたところ?
  • 家族生活の中であれば、
    どんな状況になったらワクワクしますか?

  • 家族全員で庭付き一戸建てに住んでいるところ?
  • 子供が5人くらいいるところ?
  • 家族みんなでディズニーランドに行っているところ?
  • なんでもいいんだと思う。
    ただし、その妄想をする際に重要なのは、
    主語が必ず自分であるということ。

    自分がどうなりたいか?自分がどうありたいか を
    ど真ん中に置いたうえで、
    たとえば、自分が○○することで世の中を幸せにする とか
    じゃないと、その夢ってホント? ってなってしまう。

    もっと自分勝手に生きてみよう。
    そして自分勝手な夢をいろいろな人に話してみよう。
    そうすれば、その夢はきっと実現する。

    って、僕が尊敬する人に教わった気がした。

    これ関連は、なんだかスピリチュアルになりがちだけど、
    でも真理だと思う。
    あまり怪しくない方向でより詳しくしたければ、
    こんな本を読んでみてはいかがでしょうか?

    「夢」を考えるには絶好の良書だと自信を持ってオススメします。

    もしくはこれ。

    僕はこの夢をかなえる象 シリーズが好きで、
    Kindleで結構読み返してます。
    シリーズ3も出たんですね。即ポチで。

    ちなみに、シリーズ2はどちらかというとお金方面に振れているので、
    好みはわかれるかも。


    follow us in feedly