Evernoteのススメ。自分の脳力を2倍にする方法。

evernote_nouryoku





evernote_nouryoku
使いこなせてますか?Evernote。

最近になり、Evernote周辺のニュースが騒がしくなってきたので、

今さらではあるけれども、個人的にEvernoteに対して思っていることを書いてみようと思う。

個人的には、このサービスが大好きで、多くの人にEvernoteを使うようにオススメしている。

なぜなら、Evernoteを使い続ければ頭がよくなるから!!

その理由をこのエントリーで説明したい。

“Evernoteのススメ。自分の脳力を2倍にする方法。” の続きを読む


follow us in feedly

TEDオススメ:男子が学校でより輝くために必要なこと。





男子

アリ・カーシェルマン「男子生徒の学習を促すゲームの作成」

 

僕の息子は来年春には幼稚園に入園する。

これまでは父母・祖父母といったとても身近な存在に教育を受けていたが、

来年の春からは公の場で教育を受けることになる。

親としては楽しみでもあれば、不安もある。

 

さて、男子という生き物をご存知だろうか?

某缶コーヒーのCMで美しく小馬鹿にされている、

あの男子である。
“TEDオススメ:男子が学校でより輝くために必要なこと。” の続きを読む


follow us in feedly

英語のお勉強=TED×電子書籍




f:id:hkei16:20120223225558j:image

いま、個人的に興味があること。

  • TED
  • 電子書籍

この二つだろうか。
もちろん興味関心は多々あるが、
ブログを書く都合上、この二つに絞らせていただく。

興味があるとはいえ、これら異なる分野の情報を一元的に
収集する方法はなかなか見つからない。

RSSやtwitterなどで日々情報を追っかけながら
見出しで自分が興味を持ちそうな記事を
ピックアップして読んでいる。

情報収集だけであれば、ある意味これで事足りているのだが、
実際に興味があることをジブンゴトしようとすると、
どうしてもこれらを組み合わせたくなってくる。

まずTEDを見始めたきっかけは、
英語の勉強
世界最先端のアイデアを知りたい
という二つがある。
これは「コンテンツ」として存在し、
自分の好奇心や探究心から来るもの。
最近では英語教材として扱われることも多いらしく、
ネットで「TED 英語」で検索すると
数多くの英語勉強法としてのTEDの活用法が出ている。

しかし、その大半は
TEDの動画
英語で文字起こししたもの
日本語訳
という構成になっていて、
英語初心者が勉強するにはなかなか難しい作りになっていることが多い。

個人的に英語の勉強に必要な要素は
・単語検索(英→日)
・文法の復習(学生時代に勉強したことを思い出す!)
・英語の音に慣れる
・対話の一環として発声する
の4つだと思っている。*1

WEBサイト上でこれら4つを同時に表現するインターフェースは
なかなか難しく、いろんなアイデアが必要になるだろう。

では、このTEDと電子書籍を組み合わせてみたらどうなるだろう?
ここでいう電子書籍とは、狭義の電子書籍(本を電子化したもの)ではなく、
もう少し広義のもの(リッチコンテンツとか、ガジェット上のUI)と定義したい。

まず、TEDの最大の特長は、それが動画であり、
プレゼンテイターがしかるべき会場で自身の言葉で話しているということ。
この特徴を活かすには、最低限、様々なUI向けにエンコードされた動画形式になっていること、
そして、動画再生とテキストが同じテーブルにあり、
また、そのテキストをタッチすると、別ウィンドウではなく、同じテーブル内に
(テキストを目で追うのに邪魔にならない場所に)*2辞書機能が表示される
というのは最低限欲しいと思う。

さらに言えば、英語教材としての深度を増すために、
そのコンテンツの最後には、コンテンツ内で出てきた
文法や特別な言い回しの解説。(小テストみたいのがあってもいいかも)

音声認識機能での途中検索や発音テストとか、
グループチャットみたいな機能があったらなおさらか?

いろいろ夢はふくらむ。

で、たどり着いた結論は、
TEDで英語を勉強するアプリ 
なんだな。これは。

もちろん、世界最高峰のプレゼンを楽しむ役割があってもいいが、
上述の辞書機能や文法解説コンテンツがついた時点で
もう勉強用アプリになる。

こんなアプリ、ありませんか?
もしくは、どなたか作ってくれませんか…?

英語の勉強を始めようと思ったら読む本。
アプリの話ではないけど、既存の英語勉強のためのツールや
心構えを教えてくれる。(読むだけでhな英語はできるようになりません)

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
Hiroyuki Hal Shibata
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 75977

*1:僕自身勉強中の身であるが故、単に自分に足りない部分を列挙したにすぎない

*2:ここ重要!


follow us in feedly

TEDオススメ:赤ちゃんの様に英語を学びたい。





 

f:id:hkei16:20090528111815j:image

英語の勉強をしようとTEDをみはじめた。
まぁ、そんなに簡単に英語なんてできるようにはならない。
TEDの弊害がある。
それは、
内容をじっくり知りたいあまり、日本語字幕に集中してしまうこと。
これはなんつーか、仕方ない。
なので、一回目は日本語字幕ありでじっくり見た後、
Dropboxに保存して、スマホで聞き続ける生活をしている。

最近になってようやく耳が英語に慣れ始めてきたのか、
頭の中で日本語に翻訳しなくても英語のままで意味がなんとなく分かるようになってきた。
こうしてだんだん英語できるようになると良いな。と楽観的に思いながら今日もTEDを聞く。

今日のオススメ1本はこちらの動画。

パトリシア・クール 「赤ちゃんは語学の天才」 | Video on TED.com
パトリシア クール 「赤ちゃんは語学の天才」

赤ちゃんがどのようにして言葉を覚えていくのかを脳科学の観点から説明した内容。

衝撃的だったのは、
赤ちゃんは世界市民であり、どんな言語をも聞き分ける
ということ。
赤ちゃんは複数の言語であっても、それを統計学的に分析し、自分に身近な言語を身に付けていくらしい。

このプレゼンの中で、パトリシア クールおばさまは
人間が果たす役割 という壮大な問題にも触れている。

この実験の過程が個人的には一番衝撃的だったかな。
映像や音声のみで赤ちゃんに外国語を聞かせても、その言語は身につかないという事実。

赤ちゃんが言語を統計処理をするためには、本物の人間が必要なんですって。
言い換えれば、
人間がいることで人間は言語を習得し、その人間がまた人間に言語を習得させる。
人間が果たす役割とは、もしかしたら社会性の連鎖を永久に継続させること

なのかもしれない。

と、結論に関してはパトリシアおばさまは言及していなかったが、
個人的に感じないようで結論付けてみた。

さて、ということはですよ、
子供にしてもしまじろうの英語DVDを見させていたり、
大人にしてもTEDをイヤホンで聞いているだけは
学習効果は得られないってこと?
トホホ です。できるようになってきている気がしたのは勘違いだったのか?
はたまた、大人は統計学的に言語習得するわけではないので
パトリシアおばさまの論説は当てはまらないのか?

謎は深まるばかり。
でも、勉強しようって意識があって、実践していれば
おのずと結果はついてくる。そう信じて明日からもTEDを聞き続けよう。

全然カンケーないけど、子育て時期に読んでおきたいオススメマンガ。
きっと笑って育児ができるはず。(フツーにギャグマンガ的にも面白い)
大人買いして一気読みがオススメです。
↓ママはテンパリスト

ママはテンパリスト 3 (愛蔵版コミックス)
東村 アキコ
集英社 (2010-03-19)


follow us in feedly