TEDオススメ:死に直面してわかる、最も大切な3つのこと。そして、生きる目標とは?





奇跡幸か不幸か、自分の「死」というものに直面したことはない。
事故・病気・事件・・・どれもなんとかかわしながらここまで生きてきた。
多くの人は人生の目標とか、生きる意味とか、自分にとって一番大切なモノとか、
考えたことはあっても絵空事になっていることがほとんどなんじゃないだろうか?

リック・エリアス:不時着事故から学んだ三つのこと | Video on TED.com

幸か不幸か、自分の「死」というものに直面したことはない。
事故・病気・事件・・・どれもなんとかかわしながらここまで生きてきた。
多くの人は人生の目標とか、生きる意味とか、自分にとって一番大切なモノとか、
考えたことはあっても絵空事になっていることがほとんどなんじゃないだろうか?

TEDで語るリック・エリアスさんは
2009年1月のハドソン川不時着事故のとき、
まさにその機体の最前列に座っていた。
その時の体験や、その体験をしたからこそ気付いたことを語ってくれた。

長くないそのプレゼンを見終わって最初に思ったことは、
スタンフォードでの伝説のスピーチで
スティーブジョブズも似たようなことを言っていた。ということ。
ジョブズもスピーチの3つのストーリーの3つ目に「死」ということを語っていた。
↓過去エントリー

TEDオススメ:スティーブ・ジョブズ伝説のスタンフォード大学スピーチ

でも、やはり人によって「死」から導き出される答えは異なっている。
リック・エリアスさんの答えはこの三つ。

“TEDオススメ:死に直面してわかる、最も大切な3つのこと。そして、生きる目標とは?”の続きを読む


follow us in feedly

一番大切なモノは何ですか?に即答すること。




「あなたの人生で一番大切なものは何ですか?

こんな質問されたら、どんな状況であれ迷わず
「家族です!」と即答できる。

価値観なんてものは人それぞれで、
仕事が一番の人もいれば、
健康が一番の人もいるだろうし、
お金が一番の人もいるだろう。

他人は他人。自分は自分。
自分の答えに何も恥じることなんてない。
恥じるべきなのは、その答えが見つからないこと。

仕事であれ、人生であれ、
成長を続けていきたい。
じゃあ、
「あなたにとっての成長とは?」と聞かれたときに
即答できるだろうか?

自分の答えは、
「思い描く自分の未来像にちょっとずつ近づくこと」
これを成長と定義づける。

じゃあ、その「自分の未来像」とは?
人生を形作るモノの一部が仕事だとすると、
結局は
家族に苦労を掛けずに幸せに過ごすこと。
みたいになるんだが、仕事面ではこんな悠長なことは言っていられない。
この未来像を実現するために
仕事面での未来像を描かなくてはいけなくて、
そうなるために何が必要か?
それはどこでやるのか?
どうやるのか?
とかをものすごく一生懸命考えなくてはならない。

それも、たまに考えるのではなく、
日常的に考える必要がある。

グーーーーーーーーーっと考えた挙句に
一つなり二つなり仮説をもって、
今度はそれに向かって動き出す行動力も必要になる。

行動してみてなんか違うなと思ったり、
どれだけ行動を起こしても腹落ちしなかったら、
改めて仮説に戻り、再度検証する。
場合によっては仮説を立てなおす。

仕事も人生も一緒で、
PDCAをグリグリ回しまくらないと
何も起こらない。

今改めてD(Do)を起こそうと
心に誓った。

自分の成長のため、
その先にある一番大事なもののため。


follow us in feedly

TEDオススメ:食べることから始まる死への悪循環。家庭に料理を取り戻せ。





 

f:id:hkei16:20120428222340j:image


http://youtu.be/jIwrV5e6fMY

↑日本語字幕ナシはこちら

ジェイミーオリバー TED prize wish: 子供たちに食の教育を | Video on TED.com
↑日本語字幕はこちら。

ジェイミー・オリバーさん。
イギリス生まれの料理人。
まぁ、日本でいえば川越シェフ的な感じなんだろうか?
こんな本も出している。

ジェイミー・オリヴァーのきれいになろうヘルシーごはん
ジェイミー オリヴァー
アーティストハウスパブリッシャーズ
売り上げランキング: 436031
ジェイミー・オリヴァーの彼と食べようラブラブごはん
ジェイミー オリヴァー
アーティストハウスパブリッシャーズ
売り上げランキング: 78416

なんていう先入観は無にこのTEDでのプレゼンを是非に見てもらいたい。
彼には社会問題に対する危機感と当事者意識があり、
分析力と行動力があり、何よりも、この状況を変えたいという強い信念がある。

アメリカの食文化に関しての強いメッセージを発するだけではなく、
その解決法まで提示している。

アメリカの食文化と聞くと、正直あまりいいイメージは無い。
ファーストフード大国、過剰な食品添加物、
経済競争にさらされた生産者達。

きっと、このイメージは実態とあながち外れてはいないんだと思う。
彼はこの状況に警鐘を鳴らしている。

現代アメリカの”普通の”食事により
子世代の寿命が10年近く縮まっている。

もちろん、大昔からそんな危険な食生活だったわけではない。
いつからか、学校や家庭、企業から、正しい食文化を継承するということがなくなってしまった。
その結果、現代アメリカ人は料理ができないどころか、
野菜をみて、それがなんなのか答えられない。(ナスを見て梨と答える)

それだけではない。
食品メーカー・流通関連企業が効率と利益を追求するあまり、
食品に様々な有害物質を添加し、正しい食品が流通しなくなっている。

など、彼は現状の食文化に対する様々な問題点を提示している。
人の健康や、生死にかかわる重要な問題だらけだ。
しかし、決して悲観的な訳ではない。
なぜなら、解決策が明確だから。

一人一人が今の状況を正しく理解し、
教育の現場(子供のころ)から正しく食の知識を身に付け、
政府や企業が少しずつでも状況を理解すれば、
10年後には正常な食文化を取り戻すことが出来る。

そしてそれを、アメリカ という大国が実践することで
世界中の同様な問題を抱える国々がつ追随し、
世界が変わっていく。

その第一歩を、料理人であるジェイミー・オリバーさんが仕掛けようとしている。
強い信念がなければできない。
そんな彼の態度・行動に強く心を打たれた。

最後に、彼が語った一文を掲載したい。
「僕の願いは、全ての子供にちゃんとした
食の教育をし、家庭を再び料理に目覚めさせ
肥満と戦うように力づける 支援をお願いしたいのです。」

料理人ということもあり、様々なレシピ本も出している。この辺は流石です。

いろいろな本があるが、
彼の主張の本質は、↓こういうことなんだろう。

ジェイミー・オリヴァーの親子で作ろう わくわくごはん
ジェイミー・オリヴァー
アーティストハウス
売り上げランキング: 519665


follow us in feedly

TEDオススメ:赤ちゃんの様に英語を学びたい。





 

f:id:hkei16:20090528111815j:image

英語の勉強をしようとTEDをみはじめた。
まぁ、そんなに簡単に英語なんてできるようにはならない。
TEDの弊害がある。
それは、
内容をじっくり知りたいあまり、日本語字幕に集中してしまうこと。
これはなんつーか、仕方ない。
なので、一回目は日本語字幕ありでじっくり見た後、
Dropboxに保存して、スマホで聞き続ける生活をしている。

最近になってようやく耳が英語に慣れ始めてきたのか、
頭の中で日本語に翻訳しなくても英語のままで意味がなんとなく分かるようになってきた。
こうしてだんだん英語できるようになると良いな。と楽観的に思いながら今日もTEDを聞く。

今日のオススメ1本はこちらの動画。

パトリシア・クール 「赤ちゃんは語学の天才」 | Video on TED.com
パトリシア クール 「赤ちゃんは語学の天才」

赤ちゃんがどのようにして言葉を覚えていくのかを脳科学の観点から説明した内容。

衝撃的だったのは、
赤ちゃんは世界市民であり、どんな言語をも聞き分ける
ということ。
赤ちゃんは複数の言語であっても、それを統計学的に分析し、自分に身近な言語を身に付けていくらしい。

このプレゼンの中で、パトリシア クールおばさまは
人間が果たす役割 という壮大な問題にも触れている。

この実験の過程が個人的には一番衝撃的だったかな。
映像や音声のみで赤ちゃんに外国語を聞かせても、その言語は身につかないという事実。

赤ちゃんが言語を統計処理をするためには、本物の人間が必要なんですって。
言い換えれば、
人間がいることで人間は言語を習得し、その人間がまた人間に言語を習得させる。
人間が果たす役割とは、もしかしたら社会性の連鎖を永久に継続させること

なのかもしれない。

と、結論に関してはパトリシアおばさまは言及していなかったが、
個人的に感じないようで結論付けてみた。

さて、ということはですよ、
子供にしてもしまじろうの英語DVDを見させていたり、
大人にしてもTEDをイヤホンで聞いているだけは
学習効果は得られないってこと?
トホホ です。できるようになってきている気がしたのは勘違いだったのか?
はたまた、大人は統計学的に言語習得するわけではないので
パトリシアおばさまの論説は当てはまらないのか?

謎は深まるばかり。
でも、勉強しようって意識があって、実践していれば
おのずと結果はついてくる。そう信じて明日からもTEDを聞き続けよう。

全然カンケーないけど、子育て時期に読んでおきたいオススメマンガ。
きっと笑って育児ができるはず。(フツーにギャグマンガ的にも面白い)
大人買いして一気読みがオススメです。
↓ママはテンパリスト

ママはテンパリスト 3 (愛蔵版コミックス)
東村 アキコ
集英社 (2010-03-19)


follow us in feedly