毎年恒例「棺桶リスト」2017年の目標100個!





【2016年12月31日公開】

ただいま、2016年12月31日 もうすぐ16時というところ。
子供たちが今日の夜更かしに備えてお昼寝しているので、今年最後のエントリーを更新します。

さて、この「たろすけの寝言」では毎年年初にその年の目標(厳密にはその年だけの目標にはなってないけど)を
100個書くのが恒例。
ぼく個人の目標に過ぎないのに、なぜか毎年結構読んでもらえてるみたいで感謝です。
この記事を書き始めたきっかけになったのはこの映画を観たから。

二人の爺さんが死ぬ前にやりたいことをやりまくるという、痛快な映画。
これを見て、よしこれだ!って思ったのでした。
“毎年恒例「棺桶リスト」2017年の目標100個!”の続きを読む


follow us in feedly

夢を実現するための最短ルートは、夢を語ること。なので、ここで夢を語る





良く聞く話ですが、
夢を実現するためには、それを常に意識し、
なんならその夢を情熱をもって人に語ると良いらしい。

とはいえ、夢を語るってなんだかちょっとこっぱずかしいですよね。。
なので、単に夢を語るだけではなく、
何がハードルなのか?どうすれば解決するのか?
実現のためにどんなアイデアがあるのか? ということも
こうして明文化すれば紐解けそうなので、とりあえず書いてみる。

ちなみに、夢って別に一つだけじゃない。
夢っていうと大げさだけど、目標とかやりたいこととか、なりたい姿とか、
そういう小さなことも含めるとものすごく一杯ある。
その中の一つを語ってみようと思う。
“夢を実現するための最短ルートは、夢を語ること。なので、ここで夢を語る”の続きを読む


follow us in feedly

改めて夢に関して考えてみよう。~あなたの夢は何ですか?~





あなたの夢は何ですか?

この問いに正直に、即答できる人ってどれくらいいるんだろう?
正直に というのも結構ポイントで、
仕事や大義名分ではなく、個人として本当に心から望む夢って即答できますか?

ノーベル賞を獲りたい!とか、
経団連のTOPになりたい!とか、
大金持ちになりたい!とか、
世界一周したい!とか。
具体的であればあるほど、答えられる人って少ないんだと思う。

良く言われるのは、
大人になって社会を知れば知るほど自分の脳みそに
蓋が作られてしまって、記憶からなかなか呼び出すことが出来なくなる。
だからいくら考えてもなかなか思い出せない。
なんて話を聞いたことがある。

なんとなく、そんな気もして納得してしまいそうになるんだけど、
ちょっと待てよ。。
夢って思い出すものなのか?
考えて捻り出すものなのか?
そもそも、昔の夢と今の夢ってイコールなのか?

たぶん、全部違うと思う。
だって、夢って、もっと自分がワクワクする状態であって、
ワクワクするシチュエーションって今と10年前とでは違うでしょ。

だから、若かりし頃の夢を無理やり思い出す必要もないし、
無理やり考えて大義名分っぽい夢を捏造する必要もない。

今、自分が自分と向き合って、
素直にワクワクすることを感じればそれが
夢の第一歩になるんだろうと思う。

ビジネスの世界に身を置いているのであれば、
どんな状況になったらワクワクしますか?

  • CEOとして取材を受けている状況?
  • 上場して鐘を鳴らしているところ?
  • 自社のサービスや製品がTVで紹介されたところ?
  • 家族生活の中であれば、
    どんな状況になったらワクワクしますか?

  • 家族全員で庭付き一戸建てに住んでいるところ?
  • 子供が5人くらいいるところ?
  • 家族みんなでディズニーランドに行っているところ?
  • なんでもいいんだと思う。
    ただし、その妄想をする際に重要なのは、
    主語が必ず自分であるということ。

    自分がどうなりたいか?自分がどうありたいか を
    ど真ん中に置いたうえで、
    たとえば、自分が○○することで世の中を幸せにする とか
    じゃないと、その夢ってホント? ってなってしまう。

    もっと自分勝手に生きてみよう。
    そして自分勝手な夢をいろいろな人に話してみよう。
    そうすれば、その夢はきっと実現する。

    って、僕が尊敬する人に教わった気がした。

    これ関連は、なんだかスピリチュアルになりがちだけど、
    でも真理だと思う。
    あまり怪しくない方向でより詳しくしたければ、
    こんな本を読んでみてはいかがでしょうか?

    「夢」を考えるには絶好の良書だと自信を持ってオススメします。

    もしくはこれ。

    僕はこの夢をかなえる象 シリーズが好きで、
    Kindleで結構読み返してます。
    シリーズ3も出たんですね。即ポチで。

    ちなみに、シリーズ2はどちらかというとお金方面に振れているので、
    好みはわかれるかも。


    follow us in feedly

    夢を達成するための最短ルート。毎年恒例100リスト・2015年Ver.

    100リスト





    2015年になりました。
    あけましておめでとうございます。
    とはいえ、すでに3日目。
    新年感も徐々に薄れてくる頃です。

    昨年は転職したり、引っ越ししたり、子育てしたりで
    なかなかブログも更新できず、ちょっと悔しい思いもしました。

    2015年は自分のアウトプットを増やすという意味でも
    更新を増やしていく所存です。
    (もはやTEDにこだわらず、とにかくアウトプットを増やす!)

    で、今年の一発目は毎年恒例になってきた100リスト!
    別に今年の目標を100個という訳ではないので、
    毎年更新する必要もないんだけど、
    こういう機会でもないとなかなか自分の夢ややりたいことを書き出す機会ってないからね。

    そして、このリストこそが自分の夢の実現の最短ルートを示してくれるものと信じている。
    夢をもってそこに向かって行動する事。
    これを毎年でも少しずつでも実現していくことが大事なんだ。

    で、今年の100リストは、
    立花岳志さんの超有名ブログ、No Second Life
    にあった分類を参考にさせていただきました。

    ・仕事
    ・家庭
    ・財産
    ・教養
    ・健康
    ・趣味

    この6種類ですね。

    では、いってみましょう。 “夢を達成するための最短ルート。毎年恒例100リスト・2015年Ver.”の続きを読む


    follow us in feedly

    11年お世話になった会社を退職しました。転職しました。そして未来へ・・・





    タイトルの通りです。

    2003年に新卒で入社した会社を3月いっぱいで退職しました。

    そして4月1日から新たな会社で働いています。

     

    2月の終わりに上司に時間をもらい、

    「3月いっぱいで退職させていただきたく」と伝えました。

    正直、引き留めにあうと思っていたんだけど、

    「やりたいことがあるのにそれにブレーキをかけるようなら、それは上司の役割じゃない」と

    非常に男前な言葉と共にあっさりと承諾していただけました。

     

    後日談として、この時の上司の言葉はかなりの強がりが入っていたことが判明。

    同僚に「止めることが出来なかった。。。スマン」とベロベロに酔っぱらいながら吐露していたそうです。

      “11年お世話になった会社を退職しました。転職しました。そして未来へ・・・”の続きを読む


    follow us in feedly