新しいKindle Paperwhiteに追加された、地味だけど良い機能!

NEW Kindle Paperwhite





NEW Kindle Paperwhite
AmazonさんがKindle Paperwhiteの新しいの発表しましたね。

Kindle Paperwhite(新しいやつ)

サイトを見ると、まぁ、なんというか、実機能のレベルアップといったところでしょうか?
何かものすごい進化を遂げたというよりは、マイナーチェンジに近い新製品です。

新機能の紹介はもうすでに様々なサイト/ブログで紹介されているので、
ここでは割愛しますが、
流石、ごりゅごさん(@goryugo)さんの記事がわかりやすかったので、リンクシェア。
“新しいKindle Paperwhiteに追加された、地味だけど良い機能!”の続きを読む


follow us in feedly

Kindle生活約2か月。電子書籍でも本の貸し借りをしたい!

amazon,kindle





amazon,kindle

2013年の5月頭にKIndle PaperWhiteを購入し、早2か月。

お財布とも相談しながら沢山の本を購入した。

 

感想としては、やはり気持ちは変わらず、僕にとっての読書っていう行為は

このままKindleメインにシフトしていくんだろうと思う。

もう手放すことはできない。

 

とはいえ、紙の本には紙の本の良さもあったり、というか、紙の本でしか出回っていない本も多々あるわけで、今の時点で読書が100%Kindleにシフトしているわけではない。

 

これからもKindleを使い続けいていくことにネガティブな感情は一切ないが、

それでも現状の電子書籍において、どうしても紙の本に敵わないと思えるところもある。

 

個人的には、本の貸し借りができない。ということ。

これが最大の弱点だと思う。

 

読書ってのは、得てして極めてパーソナルな領域の行為と捉えられがちではあるが、

それでも自分が気に入った本を、友人に勧めてみたり、

逆に友人が良いって言ってた本を読んでみたくなったりする。

 

そんな時、数年前なら、「読み終わったら貸して(あげる)」の一言で万事OKだった。

でも、こんな簡単な行為すら、電子書籍ではできないというのが少しさみしい気もする。

 

本を読んでいるときや、そのレビューを書いているときとかは、無意識に、「こーゆー人たちに読んでみてほしいな」なんて考えたりしている。

そういう、「こーゆー人」が仮に身近にいても、その本を教えてあげることはできても、

貸してあげることはできない。

 

もちろん、物理的にモノを動かす必要のないデジタルの世界の話なので、この貸し借りが性悪的に横行してしまえば、電子コンテンツの海賊版なんかは一瞬で世界中の人にシェアされてしまうという、恐ろしい事態が起こることは理解している。

でも、たとえば、

  • 一度に一人にしか貸せないようにID管理する
  • 人に貸している間は自分は読めなくなる
  • あらかじめ期日を設定しておいて、それを超えても帰ってこなかったら自動的に返却になる
  • また貸しはできないようにする

とか、なんかシステマチックにできないものかとも思う。

 

誰か、上手に電子書籍を貸し借りできる機能、作れませんかねぇ?

いやね、この機能が一般的にあなれば、当然そこにはビジネスチャンスもあるわけで、
貸し本屋さんとかがこの時代に復活する!みたいな。

あとは、やっぱり読書後の感想を友達同士で語り合ったり、
読書感想文の宿題の時に、貸し借りしあったり、
貸し借りをきっかけに恋が芽生えたり・・・。
なんて、デジタル時代に、昔懐かしい、青臭いコミュニティーが
これをきっかけに復活したりしてほしいわけですよ。

なんとかならなぇかなぁ・・。

でも、まぁ、本好きはとにかく、食わず嫌いしないで
電子書籍には手を出してみるべき。
良いところも悪いところもあるけれど、
決して損はしないと思います。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

posted with amazlet at 13.06.29
Amazon.co.jp (2012-11-19)
売り上げランキング: 2

最初は、端末ではなくて、スマホやタブレットのアプリからデビューしてもいいかもですね。

Kindle Fire HD 16GB タブレット
Amazon.co.jp (2012-12-18)
売り上げランキング: 1


follow us in feedly

Kindle読書のススメ。読書の効果が圧倒的に変わる3つの理由。

Kindle





Kindle 

 

Kindle、マヂで良いです。

こないだ、欲しくなった理由3つを↓このエントリーに書きました。

Kindle Paperwhite がどうしても欲しくなった3つの理由。

 

で、使い始めて数週間。

良かったことを大きく3つ書いてみます。
“Kindle読書のススメ。読書の効果が圧倒的に変わる3つの理由。”の続きを読む


follow us in feedly

【本のオススメ】夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神~貧乏神から嫌われるための教科書~

夢をかなえるゾウ2





夢をかなえるゾウ
先日レビューを書いた、「夢をかなえるゾウ」の続編を読んだ。

前回エントリーはこちら。

【本のオススメ】夢をかなえるゾウ~啓発系読むなら、これ1冊でOK~

2作目は、「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」というタイトル。

前作は、”成功するための方法”をガネーシャ(ゾウの神様)が主人公に漫才の様に教えてくれるお話だったのに対し、
2作目はもっとダイレクトに”お金に好かれるには” ということにテーマを絞った作品。

 

前作同様、ガネーシャというゾウの神様と、主人公が登場し、
さらには貧乏神やお釈迦様、死神まで登場する、まさに神様祭りのようなストーリー。

では、今回も簡単にポイントだけ。

巻末には、ガネーシャの教え、貧乏神の教え、お釈迦様の教え がそれぞれ簡潔にまとまっています。
それだけ読んでも十分なのですが、この本はストーリーごと楽しむのがオススメです。
“【本のオススメ】夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神~貧乏神から嫌われるための教科書~”の続きを読む


follow us in feedly

Kindle Paperwhite がどうしても欲しくなった3つの理由。

Kindle_BOX





Kindle Paperwhite
もともと電子書籍というものに興味があり、自分の周りにこの市場が出来るのを待ち続けること早4~5年。

ようやく、電子書籍も日本に根付いてきたような感じがありますね。

 

でもこれ、すべては(予想通りだけど)amazonがKindleを日本に投入したからなんだよね。

日本のメーカーさん、出版社さん、ディストリビューターさん、どうか無駄な抵抗をして、amazon kindoleの足を引っ張らないでくださいませ。

市場が成熟してきたら、他のプレーヤーも2番手争いをがんばりましょう。

 

なんて、偉そうなことを書いてしまいまいたが、電子書籍用のガジェットって持っていませんでした。だって、いいのがなかったんだもん。

Kindleが出てからは、そのガジェットは指をくわえてみているだけ。

でも、スマホにKindleアプリは入れて、Kindleで本は読んでいた。

そう、Kindleはアプリでも充分だったんです。

“Kindle Paperwhite がどうしても欲しくなった3つの理由。”の続きを読む


follow us in feedly