TEDオススメ:アイデアが生まれる。神が降りてくる的な瞬間。




f:id:hkei16:20120407230452j:image:w360

ありますよね。
何かが降臨する瞬間。

Elizabeth Gilbert on nurturing creativity | Video on TED.com
エリザベス・ギルバート “創造性をはぐくむには”

アイデア
想像力

笑いの神
などなど。

この現象をエリザベス・ギルバートさん
(これ書いた人。↓)

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書
エリザベス ギルバート
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 53648

という作家が合理的に(?)説明してくれました。
なんとなく納得できるような、できないような・・。

そもそも、このプレゼンで彼女が問題提起したのは、
芸術性は必ず最終的に苦痛をもたらす。
ということ。

つまり、
クリエイター、アーティスト、作家もそうですが、
創作活動に携わる人々(総称して芸術家)は
作品を創り出すというプレッシャー、
そして、一度世に認められるような作品を出してしまった後のプレッシャー、
芸術家は常にそのような社会的なプレッシャーに押しつぶされそうになっていて、
精神的にも肉体的にも苦痛を感じている。
ということが当たり前にとらわれてしまっている思想に対して、問題を提起している。

彼女がこの考えへの対抗として論じているのは、
芸術作品は天才的な才能を持った個人が創り出しているのはなく、
一生懸命に創作しようとしている個人のもとに、精霊(Genius)が寄ってきて、
芸術家と精霊の共同作業で創り出される。

というもの。

正直、TEDのプレゼンでなかったら、一蹴してしまいそうな結論。

でも、わからんでもない。
僕は芸術家でもクリエイターでもないが、
それでも創造力が必要な仕事はしている。

なんてことない瞬間(多くの場合は、咄嗟に対応できない瞬間)に
アイデアが突然湧いてくる なんていう経験はいくらでもある。

それが自分の才能なんだと結論付けてしまった瞬間に、
そこには自惚れが生まれ、同時に次回に向けての
プレッシャーにぶち当たることにある。

では、突然のアイデアが、気まぐれな精霊のおかげだとしたら?
自分が出した結果に対して謙虚になることができ、
そして、精霊がいるときといない時でアウトプットが異なるのは当然と
思ってしまえば、次回へのプレッシャーは少なくなる。

彼女の論に科学的な根拠なんてないけれど、
でも新しいアイデアが欲しい時って、
トイレ行っている時や、帰りの電車の中とか、
仕事から一歩離れたときが多い。
そう考えると、謙虚でプレッシャーが少ない心理状況でいたほうが
創造的なアイデアが出るというのは、なんとなく納得できてしまう。

TEDの中にもこういう不思議なプレゼンがあることにも驚いたが、
それ以上に、この不思議なプレゼンに妙に納得させられてしまった自分にも驚いた。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です