TEDオススメ:幸せになる方法の答えがここにある。1セント硬貨がもたらす幸せ。





タニア・ルナ: 1セント硬貨がもたらした幸福
どうしたら幸せになれるだろう?

幸せになりたい。

自分は不幸なのかもしれない…。

 

こんな思いは誰にでもあるでしょう。

あなたにとっての”幸せ”ってなんですか?

 

今日はこのTEDを観ました。

幸せとは?という疑問の答えがこの中にあります。

心が温まる動画ですよ。

 

タニア・ルナ: 1セント硬貨がもたらした幸福

 

 

傍から見たら彼女は決して幸せではないかもしれない。

幼いころにチェルノブイリの事故に遭遇し、生まれ育ったウクライナを出なくてはならなくなった。

移住した先のアメリカではホームレス様のシェルターで暮らし、

もちろんお金なんかなく、母親はバス代を節約するために毎日長い距離を歩いて通勤していた。

 

でも、彼女は幸せだったんです。

その幸せをもたらしたものは、シェルターで見つけた1セント硬貨や、

ゴミ捨て場にあったぬいぐるみ、間違えて配達されたピザ。

 

なぜ彼女はこんな状況で幸せを感じることが出来たのでしょうか?

それは、起こったことに対してのものの見方がポジティブだからでしょう。

 

生まれ故郷を離れ、アメリカに移住するという現実を、

「生まれ故郷から離れるなんて嫌だ」と捉えるか、

「アメリカにはたくさんの素敵なものがある」と捉えるかの違い。

 

1セント硬貨を拾ったということを、

「なんだ、1セントか。これだけじゃ何にも買えないや」と捉えるか、

「お金を拾うなんてラッキー!大金持ちになった気分だ」と捉えるかの違い。

 

ゴミ捨て場にあるぬいぐるみを見て

「うわっ、きたね」と捉えるか、

「たくさんのおもちゃゲットォォー!」と捉えるかの違い。

 

彼女は周りの人にとっては不幸でつまらなく、興味も持てないようなことであっても

彼女なりの感性でポジティブにとらえ、それを幸せに感じたのです。

どんなに些細なことでも目線を変えたり、捉え方を変えたりすれば、

そのこと自体が人に幸せを感じさせることが出来るんですね。

今読んでいる、この本にも同様のことが書いてあります。
単にポジティブシンキングであればいいということではなく、
起こっていることを自分がどう捉えるのか?それを自らで選択することが出来る。

自分は不幸かもしれないと思っているのであれば、

今自分に起こっている現実を無理やりでもポジティブに置き換えてみてはいかがでしょうか?

 

あなたにとっての幸せって何でしょうか?

このTEDにそのヒントを見出すことが出来ますか?


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です