TEDオススメ:人生を決定づける10年間。あなたはどのように過ごしてきましたか?




上昇

まさに今の自分が思い悩んでいることをこの心理学者の美人先生が全て言ってくれた。

キャリア、家族、夢 などなど人生を形作る要素の約80%は20代のうちに経験するらしいです。

つまり、自分の明るい未来を予想し、そこに向かって着実な経験を20代のうちに意識して経験することで、明るく幸せな未来が開けると、この先生はおっしゃっています。

 

20代。もう10年以上前になってしまいました。

このブログを20代の方がどれくらい読んでいるかはわかりませんが、

このTED Talkをぜひ見てもらいたい。

また、もう20代ではない方は、周りの20代にこのTED Talkを紹介してあげてください。

久々に大ヒットな、TEDオススメ です。

 

メグ・ジェイ: 30歳は昔の20歳ではありません

 


 

約15分のプレゼンですが、これを視聴している間、ウンウンと頷くことばかり。

誰もにとって、20代という10年間は重要な期間であることを痛感。

また、30代・40代になってから人生を好転させる転換をもたらすのはものすごく困難であるというところも同感。僕は今、この困難に真正面から立ち向かっている。

 

では、彼女が言う20代の若者がこの期間を有効に活かすための3つのポイントを紹介。

 

①アイデンティティキャピタルを築く

アイデンティティキャピタルとは、「自分の価値を高める」ということ。

つまり、理想の自分になるために、今の自分に投資をして、ためになることをしなさい。

また、「アイデンティティ・キャピタルは アイデンティティ・キャピタルをどんどん呼び込みます」

と彼女は言っている。

これは面白いですね。

理想の自分に近づくために何かをすれば、その行為がさらに理想の自分に近づくための行為を引き寄せる。

こういう正のスパイラルを若いうちに経験するというのは、将来的に大きな価値を持つんだろうなと容易に想像できる。

 

②ゆるい繋がりを活かす

自分にとって価値のある情報や物事は、自分の内側のわっかの外からもたらされる。

20代といえば、学生時代の仲間たちと毎週のように集まっては飲んでいた。

その時間は本当にかけがえのないもので、今の僕にとって宝物だが、

一方で、そのわっかの外側、たとえば仕事で出会った人たちから得たものも確かに多かった。

そして、そのころに自分がもっと明確に自分の夢や目標を持っていれば、その外側のつながりから得られたものはもっと多かったことだろう。

20代では自ら意識して、新しい出会いを求め、刺激を受けることが、

明るい未来へつながる情報をもたらしてくれる。

 

③家族を選べ

「家族は選べないが、友達は選べる」

こんな言葉がプレゼン中に出てきた。

うん。確かにそうだ。

彼女が紹介しているエマというちょっと可哀そうな少女の言葉だが、

でも、20代であれば、新しい家族を選ぶことはできる。

つまり、新しい人生のパートナーを選ぶということ。

キャリアと同様、結婚してからももちろん重要なのだが、

同様に、結婚する前の考え方や価値の共有の仕方もとても重要だと彼女は言う。

個人的には、この項目だけは僕は大成功している。

最高の家族がいま僕の周りにはいてくれている。

そして、もうすぐ家族がもう一人増えるんだ。

 

と、私見も交えてサマってしまったが、自分の人生に前向きに悩みを持っている

20代、だけではなく、30代も40代も ぜひこのTalkを見てください。

そして、この20代という10年間がもつ意味をもう一度考えてみてください。

ま、この手の論は啓蒙書てきにも数多く取り上げられているし、
実体験としても、やはり20代ってのはとても重要で大切な時期というのは納得できますよね。
しかーし!30代だって負けてはいないのだ。

+10年という経験という武器を持ってアイデンティティキャピタルを築いてくと決めたのさ。

そして何より、ちきりんさんのこの本を読んで、30代どころか40代でもう一花咲かせることも可能だということを悟り、
長い目で自分の将来を考えるということを知れた30代も捨てもんじゃないと 今はおもう。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です