TEDオススメ:子供にとってのヒーローであれ。人間関係の重要さを子供に教えるという責任。





子供と人間関係 

人と人との繋がり。

良好な人間関係。

人間関係の価値と重要性。

 

これらの言葉はもはや使い古され、聞きなれてしまい、

この言葉が単独で存在したところで心打たれることはもはやないのかもしれない。

就活でも、会社でも、地域でも、そして、学校でも。

 

でも、僕はこのTEDTalks敢えてこのTEDオススメというカテゴリーで紹介したい。

なぜなら、彼女がプレゼンしている、人間関係の重要性は、けっして上っ面なモノではなく、

心を打つくらいに真実に思えたから。

 

リタ・ピアソン「すべての子どもに強い味方を」

 


 

彼女は教師として、教育者として、人間関係の重要さを説いている。

実り多い人間関係なくして実り多い学習はあり得ない

学習とはすなわち人間関係を理解すること

 

ここに関しては100%同意できる。

自分自身、学校で学んだことは、人間関係そのものであって、

英語の文法や、微分積分とかは、人間関係を学ぶためのツールだったんじゃないかと思うくらい。

 

そして、今、一児の父としてこのプレゼンを観たときに、

この人間関係を子供に教えるのは、必ずしも教師だけではなく、

家族や地域の力がますます重要になっているのはないかと思った。

 

子供に自信を持たせることや、

正しさを見せること、

子供にとってのメンターであること。

 

僕は教育者ではないけれども、一人の親として、

そして地域の一員として子供たちにとってのChampionでありたい。

子供たちのために、大人がまず、人間関係の重要性を理解し、

行動することが何よりも重要なのではないだろうか。


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です