TEDオススメ:スティーブ・ジョブズ伝説のスタンフォード大学スピーチ





ジョブズ


YouTube – Broadcast Yourself
日本語字幕付きは↑こちら。

Steve Jobs: How to live before you die | Video on TED.com
英語版は↑こちら。

Stay hungry. Stay foolish.
もはや殿堂入りといっても過言ではない、
スティーブジョブズ伝説のスピーチ。
何度この単語を目にしたことだろうか。

ジョブズさんのプレゼンテーションといえば、
appleの新商品発表イベント。

 

「1000曲をポケットに」
「世界で最も薄いノートパソコン」
「革命的で魔法のようなデバイス」
など、一言で商品の全てを説明する
文字通り魔法のようなキャッチコピーを駆使することで有名だった。

このスタンフォードのスピーチは、何かを説明するためのものではないので、
上記のようなキャッチコピーは登場しない。
その代わりに、彼は短い3つの話を卒業生に聞かせた。
1:点を繋ぐこと
2:愛と喪失
3:死

 

この短い話は、彼が卒業生に向けて発したものだが、
一人の人間として心に留めておきたい。
そう思えるくらいに説得力と重みのある話だった。

こえもの3つのストーリーは単純な3つの項目ではなく、
彼の人生を時系列で追ったものにもなっている。

簡単に

1:点を繋ぐこと

話は彼が生まれる前の時代にさかのぼる。
諸々あって、彼は大学に行くことが生まれ持っての宿命の様になっていた。
しかし、彼は自分の想いに素直に生きる勇気を持っていたため、
大学を中退し、そしてモグリとして興味のある授業だけに勝手に出席していた。
そこでカリグラフィの授業に出会い、そこでの感銘がのちのMacに活かされている。
大学を中退していなかったら、必修の授業だけに出席していたら、
世の中にMacという製品は存在していなかったかもしれない。

 

時の流れの真っただ中にいるときは、行動や状況がのちにどんな繋がりを持つのかなんてわからない。

でも、だからこそ、今自分がやっていることが後々何かに繋がると信じよう。

そう信じることで、自分の歩く道に自信が生まれ、他人よりも価値のある人生とすることが出来る。

 

2;愛と喪失

実家のガレージで友人と二人で始めた彼の事業。
いずれその事業は彼の天才的な手法で世界一価値のある大企業となる。
その過程で、自分が立ち上げた企業であるにもかかわらず、その会社から解雇された。
30歳にして企業家として大成功していたにも関わらず、
ある日突然、クビになった。

 

それはもう、想像もできないくらい大きな失望を味わったのだろう。
普通だったら立ち直れないくらいのダメージを負うだろう。
しかし彼はくじけなかった。
なぜなら、自分の仕事を愛していたから。Appleという会社を愛していたから。
彼は立ち上がり、二つの会社を創設した。そこで最愛の女性ともであった。
必然化偶然かは変わらないが、のちにAppleはその2社のうちの1社を買収し、
結果としてジョブズはAppleに返り咲くことができた。
どんなにつらいコトがあっても、自分の行いを愛すること。
仕事は人生でも大きな位置を占める。
だからこそ、その仕事を愛せよ。
愛することが出来る仕事に出会っていないのであれば、
妥協することなく探し続けよ。
人間関係と同じ。自分の直感に従い、共に時を過ごせば心地よくなってくる。
だからこそ、長い時間を共にできる、愛することが出来る仕事を
決して妥協することなく探し続ける。
それが見つかれば、その仕事をさらに愛し、最高の結果を導きだす。

 

3:死

彼が17歳の時に出会った言葉。
「毎日を人生最後日だと思って生きよう。いつか本当にそうなる日が来る」
あるとき彼は癌を患い、3か月~6か月という余命宣告を受ける。
これから何十年もかけてやらなければならなかったことを
ものの数か月でやらなくてはならないという事態に直面する。
結局をの時は手術で回復し、死に至ることはなかったが、
彼は生きていながらも「死」という現実に直面していた。
人間が「死」というものを概念ではなく、現実として意識したとき、
プレッシャー・不安・他人からの期待といった余計なものは消え、
本当に必要なものだけが残る。
それは人生で何か重要な決断を下さなくてはならない時に大きな自信になる。
誰にでも「死」は訪れる。そこから逃げることはできない。
無駄にしている時間なんてない。
他人に合わせて生きるのではなく、
自分の直感を信じて生きる勇気を持つ。

 

最後に彼は1冊の本の紹介をした。
彼ら世代のバイブルだという。全地球カタログ という本。
その最終巻の背表紙に、この言葉が書いてあった。
Stay hungry. Stay foolish.
これがジョブズが社会に巣立ちゆく学生たちに残した言葉。
ハングリーであれ。バカであれ。

彼は自分が置かれたいろんな状況を常にポジティブに解釈し、
俯瞰的に眺めることで1~3を見つけたのだろう。

 

1は過去を振り返ったときに初めてわかること。
この点が繋がり線になる経験は、振り返れば誰もが経験しているのではないだろうか?
では、2は経験しているか?
妥協することなく愛すべき行いを見つけているだろうか?
3は経験しているか?
死を概念ではなく目の前にある現実として認識し、
毎日それを意識して、自分の直観を信じて行動しているか?

自分が創り出す自分の人生をより良いものにするために。

 

僕はスティーブ・ジョブズという方を誤解していたらしい。
ビジネス・経営の天才だと思っていたのだが、
そうではなかった。
人生を生きる天才だった。
製品やサービスが世の中をより良くするのではなく、
彼が直感で信じた未来を創り出すために、
Appleの様々な製品が生まれたのではないだろうか?

 


follow us in feedly


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です