軽井沢から世界へ。インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢を応援したい。

ISAK





ISAK

日本が経済的にも政治的にも社会的にも、世界のいろんな国に後れを取っていると感じてるのは僕だけではないですよね?

前に読んだ本、伊賀泰代さんの 「採用基準」という本で、日本人に圧倒的に足りないリーダーシップについて、大きな感銘を受けた。

最近読んだ本の中で、リーダーシップに関して言及しているのは、
三枝匡さんの経営三部作、

これらの本も、(主に経営に関してだが)日本のリーダーシップの欠如に警鐘を鳴らしている。

そう。日本には世界へ飛び立てるリーダーがまだまだ少ないし、
リーダーを育てる方法も知らないし。
当然、このままではリーダーなんかこの国には生まれない。

でも、悲観することはない。
長野県の夏の聖地軽井沢に、来夏こんな高校が誕生する。

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢

僕はこの学校にゆかりがあるわけではないし、取材に行ったりしたわけでもない。
テレビを見ていたら、この学校の特集をしていて、画面にかじりつくようにその学校の授業風景を見ていた。

僕が10台を過ごした高校とはわけが違う。
これは、、学校なのか?ボーイスカウトみたいだな。
これが最初の感想だった。

でも、知れば知るほどこの学校の魅力に取りつかれていった。

代表理事の小林りんさん。
元々ユニセフに勤めていたが、「日本にアジアの次世代を担える人材を育成する学校をつくりたい」
という強い思いで、とにかく奔走した。
学校を作るための資金集め、世界中から優秀な先生を探し、もちろん広報活動にも走っているだろう。

その詳細はHPからだけではまだ全貌は見えてこないが、
WEB GOETHE の滝川クリステルさんとの対談で、彼女の想いがだんだん伝わってくる。

その中でも特に印象に残ったのが、

「リスクテイキング」(=自分からリスクを負った行動を取る能力)、「問題提議能力」(=与えられた問題を解決するのではなく自分から問題を嗅ぎつけてくる能力)、「ダイバーシティ」(=多様性)の3つを柱に掲げているのですが、中でも私は真のダイバーシティ=「多様性に対する寛容力」がすごく大きいと思っています。

という部分。

そう。もはやこの世の中では多様性を認められないという、
視野の狭さでは生き抜いていくことはできない。

視野を広げ、問題を発見し、しっかりと行動できること。
僕はこういう資質がリーダーに必要不可欠だと思っている。

この学校の理念は、僕のリーダー像にピッタリと当てはまったのだ。

僕はすでに33歳。当然高校生には戻れない。
だけど、僕が若かりし日にこの学校がっあったら、
何を犠牲にしてでも入学していただろう。

あと20年早く誕生してほしかった・・。

全く関係ないけど、僕は個人的に軽井沢という土地が大好きで、
子供のころからよく連れて行ってもらっていた。
遊び親しんだ場所のすぐ近くに、こんなにも素敵な学校が出来るなんて、
なんか、勝手に運命も得たものを感じる。

自分の子供がここに興味をもってくれたら最高にうれしいが、
僕の想いをこの学校の進展に何か役立てたいと心から思った。

しばらくISAKのことをウォッチしてみよう。
大人になってしまった僕にも、何か先が開けるヒントがあるかもしれない。

せっかくなので、プチ軽井沢情報。
軽井沢は水がきれいだから、地ビールがうまいんです。
これ、オススメですよ。


follow us in feedly

TEDオススメ:教育・人生を輝かせる3つのルール

好奇心





好奇心
僕は別に教育者ではないが、人に教えることには興味がある。

人に何かを教えることで自分自身の理解が深まったり、記憶が定着したりするからだ。

自分の成長に”教える”という行為は欠かせない。

 

さて、今日のTEDオススメは、そんな教育に関する良い話。

化学の先生であるラムジー・ムサラムさん。学生時代、特に小学校・中学校あたりでこんな先生に会いたかった。

何がいいって、彼は教師でありながら、現代の教育プログラムを真っ向から否定している。

学生だって思う。「こんなの覚えて何になるんだろう?」

先生だって同じ思いだということが分かった。

 

問題は、何の意味もない授業をしなくてはならない先生が、そこに疑問を持ちながらも代替案とか解決策を持っていないということなんじゃなかろうか。

 

で、その点、このムサラム先生はやっぱり素晴らしかった。
“TEDオススメ:教育・人生を輝かせる3つのルール” の続きを読む


follow us in feedly

TEDオススメ:ミラーニューロンで奇跡を起こす。子供の病気を通じて、人生の教訓を学ぶ。

奇跡





奇跡

僕の家庭にはもうすぐ二人目の子供が生まれる。

明日か、一週間後かはわからないけど、いずれにしてももうすぐだ。

そんなタイミングでこのTED Talksに出会った。

 

もし、自分の子供が生まれながらにして障害を持っていたら、あなたならどうしますか?

このTED Talksに出てくるご両親は、こんな疑問を投げかけてくるが、

彼らが出した答えは、とても前向きで心温まるものでした。

そして、その答えは、子育てに限らず、人生全般においても役に立つ回答かもしれない。
“TEDオススメ:ミラーニューロンで奇跡を起こす。子供の病気を通じて、人生の教訓を学ぶ。” の続きを読む


follow us in feedly

TEDオススメ:人生を決定づける10年間。あなたはどのように過ごしてきましたか?

上昇




上昇

まさに今の自分が思い悩んでいることをこの心理学者の美人先生が全て言ってくれた。

キャリア、家族、夢 などなど人生を形作る要素の約80%は20代のうちに経験するらしいです。

つまり、自分の明るい未来を予想し、そこに向かって着実な経験を20代のうちに意識して経験することで、明るく幸せな未来が開けると、この先生はおっしゃっています。

 

20代。もう10年以上前になってしまいました。

このブログを20代の方がどれくらい読んでいるかはわかりませんが、

このTED Talkをぜひ見てもらいたい。

また、もう20代ではない方は、周りの20代にこのTED Talkを紹介してあげてください。

久々に大ヒットな、TEDオススメ です。
“TEDオススメ:人生を決定づける10年間。あなたはどのように過ごしてきましたか?” の続きを読む


follow us in feedly

はだしのゲン騒動に思う。描写だけじゃなく、様々な角度から再評価すべきでは?

はだしのゲン





はだしのゲン

恥ずかしながら、はだしのゲン、読んだことありませんでした。

「はだしのゲン」閲覧制限は正義か?~最近の保守派の一部はどうも度量が狭くなってきた

このニュースを目にして、その過激な描写というのがどの程度のものなのか知りたく、

また、これだけ長く読み継がれている名作を読まないわけにはいかないという、今更な義務感に駆られ、さっそくKindleで購入してみました。

“はだしのゲン騒動に思う。描写だけじゃなく、様々な角度から再評価すべきでは?” の続きを読む


follow us in feedly